はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

PCにも大掃除は必要である

何年も前の古いwindows7のPCをアップデートした他に手持ちのタブレットのアップデートもし終えた訳だが、タブレットの使わないソフトを整理することにした。

windowsタブレット2台の中で予備機的なwindows10の中華タブレットは、ソフトをOffice MobileとOpen Officeとテキストエディタ、PDFビューアだけにした。あとはシステム標準のソフト群である。

Open Officeは不要にも思えるが、docファイルをdocxにしたり、csvファイルをxslxファイルにする時に使い、最終的にOffice mobileで本家のOfficeで使える様に整形する。

windows8.1のタブレットの方は携帯用途で予備機タブレットよりは持ち運んでいる。便利だが、タブレットはPCの縮小版ではない。たとえそれがwindows搭載でPCと同じソフトを動かしていてもだ。受け手の用途には向いているが、何かを作るとなると使いにくい。

それで、動画編集系のソフトはアンインストールした。写真の一括ファイル名変換ソフトも不要。こちらも随分シンプルな構成になった。windows8.1タブレットにはOfficeソフトの搭載はないので、Open Officeを入れている。

タブレットで何でもする訳ではないし、できない。勿論、何でもするつもりも無い。ソフトの吟味をした方が却って活用できる分野を絞れるので、半端感を感じず便利に使える。

PC複数台のアップデート地獄を終えて

windowsアップデートを数日にわたって行った、かつての携帯用サブPC。何時間経ってもダウンロード、インストール、再起動を繰り返して、作業が終わらなかった。ようやく、windowsアップデートの画面でアップデート項目はない表示になり、アップデート作業は終了した。

アップデートが終わった後は、今後使わないであろうソフトをアンインストールした。画像や動画の編集や、Web系の作業も遅くて難しい。ネット閲覧もスクリプト動作が遅い。大半のソフトはアンインストールした。エディタくらいしか入っていない状態だが、性能が低いので字を書くくらいしか用途が無いのも事実である。CPUの処理速度から言っても、windowsタブレットで処理した方が余程速いことばかりである。テキストエディタくらいしか残った用途が無い。HTMLエディタ、FTPソフトくらいしかソフトは残していない。スペックが低すぎるのでブラウザで最新のサイトを閲覧するには辛いが、古いソフトは動くし、キーボード入力が快適なので、文字入力に特化した端末としては悪くない。

その後、サブPCは箱にしまい込んだ。次に使うのは来年のアップデートの時だろうか。次はタブレットPCのアップデート。さして長時間使うこともなかったので、いくつかのアップデートが未実施だったため、2台分のwindowsタブレットをアップデートした。これだけ手間を掛けても、使うのはレッツノートwindowsタブレット1台のみ。アップデートの為にPCを保有している気分になってくる。

レッツノートRZ4を導入して3年、次にPCを購入するなら何にするか考えている。ここ数年、ほぼ同じ筐体で中の部品だけアップグレードしたような新機種投入が続いているRZシリーズ。筐体自体のリニューアルを待つか。あるいは、携帯性ではタブレット端末に勝てない事を認めてタブレットと大きめPCを使い分け、アナログディスプレイポートは諦めてキーボードの打鍵感の良いThinkPadにするか。あるいは、インスタ蝿で過去のソフトウェア資産やファイルシステムを犠牲にしてMacbookにするか。

PCが壊れやすくなる時期が近づいていて、しかも結構ハードに使っているので突然故障もあり得る。早期に次期PCについて決定する必要がある。

PC複数台持ちのアップデート地獄

今、自宅にPCを電源付けっぱなしにして放置している。windows7時代の古いPCで、元々持ち運び用に購入したものだが、より小型軽量のPCやwindowsタブレットを使うようになって使用頻度が減っていた。古いソフトはwindows10では動作しないことがあり、スマートフォン以下の性能のPCではあるが、過去のソフトやファイルを使う目的で保有している。

このPCも、1年以上前にアップデートしたきりのため、約1年分のアップデートを低スペックのPC特有の処理速度で行っている。前夜に8時間近くかけてアップデートファイルをダウンロードし終わり、インストール開始である。インストール終了後に電源が切れることになっている。ほぼ1日かけての大作業はただのアップデートである。

PCを複数台使っていると、アップデートを複数する必要が出てくる。安いから、持ち運び用が欲しいと複数台持つと、アップデートの手間も複数台分に倍増する。しかも、あまり使用しないとせっかく持ち出した先で起動後アップデートし出したり、windowsタブレットだと大容量ファイルをダウンロードした末に結局アップデートできないなど、トラブルも頻出である。

PCには使用上の限界がある。それに直面すると欲が出てくる。持ち運びしやすい小型機種が欲しいと思ったり、スペックの高い機種や大画面が欲しいと思うようになる。そこで購入しても、結局使用頻度が低いと時々起動すると毎回アップデートになったり、使わないのに場所を取る大画面や大型筐体になったりする。

一番考えうる用途に対して適したPCを導入し、思いつきや一時的な他の用途への導入は慎重にする。ネットを受動的に使う分にはスマートフォンやシステム更新してもたかが知れているandroidタブレットなどを導入検討するなどして、購入後の維持管理コストを落とすようにしたほうが良い。購入時には満足感が先に立って感じない負担感も、機材が陳腐化した時に一気に重い負担として感じてくる。