はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

宇高航路は滅びず

岡山と高松を結ぶ、宇高航路と言われるカテゴリの連絡船が2019年内に運行をやめる。本四連絡橋が3ルート整備されたのが最大の衰退の理由という。

ただ、四国の衰退を見るとそうも思えない。地方が衰退している過程を見ているのであって、現実にはフェリーの利用者も橋の利用者も減っているのではないだろうか。

瀬戸大橋はインフラとしては規模が大きすぎるが、その他の道路や新幹線や公共施設においても、日本全体で人口が減少している上に、高齢化率が高すぎて今後20年内に消滅しうる地域に大型インフラを整備して彼らが維持しきれるのかは単純な疑問である。

地方の住民は自分たちの利権を守ることに必死で、産業の変化を読み取ったり、地域の魅力になるものを生み出せず、自分たちの子供は都市部に行かせておいて、地域衰退への対策を他に求めている。

地方が衰退しようが関係無く、インフラは作ったら古びていくので維持管理しなければならない。宇高航路の廃止は実は一時的な話ではないかと思う。今後四国が衰退して需要が減って老朽化した橋を維持出来なくなった時には、また鉄道連絡船ともに復活するだろう。急ぎならジェットフォイルや飛行機がある。連絡船でも効率は悪くない。好景気の時の交通手段は連絡船だった。

橋は我慢して非電化でも新幹線作って四国内を迅速に行き来した方が地域内活性化出来たかもしれない。

windowsタブレットのリセット

大型アップデートするには容量が不足していて、1903アップデートをインストールできないwindows10のタブレット。一般のファイルやソフトを入れるには空きはあるが、大型アップデートの度に容量確保が必要で、何も入れられない。

windows10のタブレットandroidと2in1を標榜するタイプである。32GBのストレージのうち10GBほどandroidが使用している。これがアップデートのネックとなっている。androidが無ければアップデート容量は余裕あるし、ソフトも入れられる。

そこでUSBメモリを接続して使ってみたが、何とか空き容量確保しても作業が進まなかった。次に工場出荷時リセットを使用して、余計なアップデート残滓を取り除くことにした。

リセットはソフトもファイルも全て消すことにした。リセットだけで数時間かかった。2017年に購入したタブレットなのでリセット後のwindowsのバージョンアップを覚悟しながら再起動し、windows使用前のセッティングを済ませた。起動後にバージョンを確認すると、1809アップデート後のものだった。

今後どう使っていくか思案している。またアップデートは失敗するだろう。ソフトも入れられない。使用感は相変わらず遅い。中華タブレットと言われる分野では珍しく故障無く2年近く使っている事は実績だが、PCとしての使用実績が無い。

ブラウザの通知機能が邪魔

Google chromeの鬱陶しい機能に通知機能がある。サイトを開くとアプリのように通知する機能を使うか確認のダイアログが表示される。

PC版だとそれだけなのだが、スマートフォン版ではこのダイアログの選択ボタンが押せない。押せないので本文を閲覧できない。ここでブラウザのページを戻るで一つ前に戻ると閲覧できる。

元々、この通知機能はサイトをアプリの延長のように使う機能だったようだが、スマートフォンならアプリがあるし、PCでも情報漏洩防止など特殊な事情が無い限りはスマートフォンを横に持っておけば事足りる。スマートフォン持ち込み禁止なのにクラウドサービスを含むGoogleのページが見られるとか、業務に関係無いニュースサイトを閲覧するというのも考えにくい。

ニュースサイトではニュース配信のたびに通知されるなら、大事な通知が埋もれてしまう。これでは通知機能の意味をなさない。このブラウザの通知機能、一体誰がどの程度使っているのだろうか。

ブラウザをアプリ的に使うと言えば、iPhoneが普及しだした頃に、iOSインターフェイスのデザインのサイトテンプレートが出回った時期があった。これもサイトのアプリ的使用を目指したものだった。結局、レスポンシブウェブデザインが優勢になって衰退した。

windows陣営がスマートフォンタブレット分野で都度苦戦するように、サイトもアプリ化などという事をすると上手く行かないのではないだろうか。