はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windows10のテザリング機能(mobile hotspot)

windows10のテザリング機能を使ってみた。いわゆるmobile hotspotと言われる機能である。これを使うと、有線無線に関わらずPCに提供されているインターネット環境をwifiを介して他の端末に提供できる。

はっきり言って、ポケットwifiを使っていたり、既にwifiルーターを使っていると何ら使用のメリットの無い機能である。

ただ、wifiルーターが速度制限にかかったり、旅先などで圏外や受信環境の悪いところで、有線LANのみ提供されているなんて時に、有線LANに接続できるラップトップPCから電波を出せばスマートフォンにもwifi環境を提供できる。

有線LANを無線にするプラグは安価で売られているが、応急的な機能としては魅力的だ。この場合手持ちのPCで新たな機材の購入負担無しにwifi環境を一時的に使える。

今のところポケットwifiがあるので不要な機能ではあるが、使えるようにしておくと急場しのぎになりそうだ。

イヤホンのアレを交換

カナル型イヤホンを使い始めて、そろそろ2年ほどになる。

初めて購入したものをまだ使っているのだが、今一つ耳にフィット感がないのと、耳垢の油の影響だと思うのだが耳に接するアレがへたってきた感じがしていた。アレがべとべとするのも嫌で、汚れるたびに拭くのも面倒なので、フラットタイプのいわゆるオープンエアー型イヤホンも使ってみたが、外出先では周囲の音にかき消されて使い物にならなかったので、結局カナル型を我慢しながら使い続けてきた。

アレの名称はイヤーピースと言うらしい。初めて購入したものには大中小でイヤーピースが付属していた。うち、小は小さすぎた。大は大きすぎて自然に耳から脱落してしまう。中を使い続けているが、それも微妙にサイズが小さくて耳に合わない感じがあり、油汚れのふき取りを繰り返してきたが、反発性の弱さというか、そろそろゴムが劣化しているような感じが何となくしていた。

それで、家電量販店で新しいものを購入しようと行ってきたのだが、生憎購入したメーカーのものは売っていなかった。しかし、それほどサイズが違うわけではないので他社製品でも使えそうであったし、汎用性をアピールしている製品があったり、どこのヘッドフォンメーカーのものでもないようなイヤーピースが売っていて、まさしく各社の製品の普遍的な交換用部材として売っている様子だったので、それを購入した。

購入後、店外の路上で早速イヤーピースを交換して視聴してみると、耳へのフィット感も丁度良く、初めてカナル型を使った時のような周囲の音が耳障りにならない快適な視聴環境が戻ってきたような気分になった。ただ、よくよく聴いていくと、以前のイコライザ設定では同じような質感の重低音が聴けなくなったので設定を変更した。

結局、いろいろ購入したが当初のイヤホンを使い続けている。イヤホンマイク機能は使わないし、リモコン機能は反応が悪いし、使いにくいことこの上ないのだが、他が今一つで交換が進まない。

災害に強い日本

夜勤で翌朝退勤後に職場近くのコンビニで食事を買うことがある。先日は台風の日がそれに該当した。

台風の後だと物流が混乱しそうなものだが、普通に商品が豊富に陳列されていた。弁当一つだって食材を供給出来る農業や漁業の体制、食材を仕入れる体制、製造し発送する体制が無いと消費者に届かないだろうに、それらが実現しているのである。

そして、台風翌日には遅刻なく出勤できるほどに交通機関が復旧している。当たり前に定時発車出来ていて、前日までの混乱はなかったかのようである。そして、皆それが当たり前のように出勤してくる。

今年2018年は大規模自然災害が多かったとされるが、そんな中でも普通の生活に戻れるまでの時間が短くなっている。災害に強い国土建設は既に実現したトピックと言える。否、無理し過ぎなのかもしれない。