はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

PCのライフサイクル

windows XPが使われていたころは、まだこんな機種が現役なのかと思うようなPCが普通に使われていた。大きいのにパフォーマンスが振るわないデスクトップPCとか、携帯性を無視したノートPCとかあった。同じwindowsXPが動いていても、異様に遅かったりHDDの容量が少なかったり、デザインが古風だったり、製造年が不明なものもあった。それが長期政権だったwindowsXPの頃のPCだった。

とはいえ、もっと前のwindows98のころは1980年代半ばのPCも普通に使われていた。その数年前まで廉価版というくくりでフロッピーだけでも起動する486搭載のPC98のDOSマシンが売られていたので、そのPCでフロッピー起動する一太郎とかLotus1-2-3などの十数年前のPCのソフトがそのまま使えたし、要するにHDDなど無くてもフロッピーだけで運用できたので、性能差もへったくれも無かったから、ソフト発売当時のPCだってさしたる性能の差も感じることなくそのまま使えたのである。

いつの間にかPCにライフサイクルと淘汰の概念が定着した。オンラインでアップデートが提供されるようになって、ネットが普及して、セキュリティ対策をするのが当たり前という意識が定着した。安定稼働した状態なら現状維持しておけばずっと使えるであろうPCもライフサイクルと淘汰が及ぶようになった。

昔の、それこそ1990年代初頭ごろのPCは高価だった。今どきレッツノートが高いといってもせいぜい30万くらいであり、フロッピーしかストレージの無いPC98でも同じくらいして、あくまでそれがスタートの価格だった。そこからHDD搭載機種だと更に何十万円値段が跳ね上がって、メモリとかプリンタとかソフトとかで数万円単位でどんどんプラスされるのだった。需要が今ほど無かったので一般向けに量産されるものではなかったし、その中でPCを使うにはメーカーの言いなりになって高価だろうがその価格で購入するしかなかった。

その時代に比べれば本体は安くなったし、数年で置き換えとか言われても客も怒らなくなったのだろう。むしろ、同じ機種を使い続けて低性能にイライラしながら我慢して使うよりは新しいPCを数万円で購入した方がストレスが減るのだから買い替えを促された方が助け舟かもしれない。

一つのコンセントで多数のUSB機器を充電したい

USBで充電する機器が増えた。

増えたといっても、以前は電池駆動のものを持ち運ぶことはせいぜい髭剃りくらいしかなかったし、そこに携帯電話が出てきて、PCやwifiスマートフォンや電子機器がどんどん追加になったというほうが正しいのだが、ここ10年くらいでネットブックのような小型でも安価なPCが出回って電子機器を持ち運ぶことが増えたので、旅行や出張などで遠方へ出ると宿泊先ですることは睡眠のほかに充電が重要な課題になってきた。

今では簡単な装備でもスマートフォンwifiルーターは持っていくし、それにモバイルバッテリーも必須だ。そこにサブのスマートフォン、PCあるいはタブレットも追加となる。少なくとも3台はUSBで充電しないといけない。ところが、充電に必要なコンセントの数が不足することがある。宿泊先のコンセントは普通のホテルだと二つくらいは見つかるが、古めのところだと机から遠いところにあったり、机やベッド周囲にはせいぜい一つ二つしかないところがほとんどである。ましてやカプセルホテルだと一つ口しかないし、古いところだとキャビン内にコンセントすらないところもある。ふと立ち寄った飲食店もそんなものである。

コンセントをたとえ一口でも有効に使うためにUSBが二つ接続でき、電流も緩速充電ではなくて済むように大目に流れるタップを購入して使っている。消しゴムを積み重ねたようなサイズで、今のところ合計2.4A流れるものを使っているが、もう少し費用を出して出力の多いものを買ってもいいも時々思う。しかし、物によって機材との相性が悪くて充電できないものもあるので、今利用している使えることが分かっているタップを大切に使っている。これに二つ機材をつなげたり、モバイルバッテリーを中継ぎにして更にもう一つつなげて3つ充電したり、工夫しながら使っている。

自宅や所属先ではサイズの大きめの4つ給電できるタップを使用している。これだと確実にスマートフォンルーターで急速充電の電圧で給電出来る。カプセルホテルでの利用を考えるとこれくらいのものが便利なので、電気街で購入しようよしたのだが1500円くらいする。安いと言えば安いのだが、宿泊するときくらいしか需要の無いものにそこまで出す気にもなれず、結局購入しなかった。かといって、無いと今後充電するときに困る。

ここで、よく考えてみればUSB充電の4つ口のタップは自宅でスマートフォンルーターを充電するために使っているもので、外出するときは自宅で給電するものはないということに気づいた。自宅のタップを外して持っていけばよいのである。とっさに充電するときに4つ口は仰々しいので小型のも携帯を続ければよいと思うが、今後は外出の時に4つ口のUSB給電のプラグを持っていこうと思う。これで一挙に充電できるので、充電しながらスマートフォンでもタブレットでも自由に使える。

スマートフォン版のzoomを使う気にならない話

ひところのテレワーク需要でwindowsタブレットでzoomを使うためにソフトのインストールをしたり、フリーズして何度も再起動したり悪戦苦闘した。

結局、PCでzoomを使うことが大半で、タブレットまで動員して使うような事態にまでならずに済んで、あまりに実用性を欠くのでタブレットからはzoomをアンインストールしてしまった。アンインストールしてもぜんぜん困らないのだから、zoom需要などそんなものなのである。

その気になればスマートフォンでもできたのかもしれないが、パケットの通信量が半端ないし、zoomの間は他の用途でスマートフォンを使えないし、スマートフォン版は使っていない。zoomをしているとメールのチェックができないからである。

色々なアプリでスマートフォン版は提供されているが、その間に他のことができないとか、かえってスマートフォンでしづらいなどの理由でPCのサービスの方が中心的な使われ方でスマートフォン需要がかえって低い分野もあるかもしれないと思った。実際、zoom中に手元のスマートフォンでメールをチェックしたりしていたし、もちろんzoom中に求められた文書を送ったり、記載事項を送信するためにPCでブラウザを起動したりしていた。zoom中だからといってそれに徹しているわけでもないのである。

スマートフォンのインカメラは本来なら自分を撮影するのではなくテレビ電話的な用途で作られたもののはずなのだが、歴代のスマートフォンで未だにその用途で使ったことがない。ハンズフリー通話もできるらしいが、しているのを見るとほとんど外国人である。電話は電話で使いたいという意識が強いのかもしれない。日本全体でもその意識が強いなら、スマートフォンの時代でも以前の携帯電話が相変わらず需要があるのもうなずける。