はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

他人に不正させる輩

自分で不正を犯すのではなく、他人を使って不正させて利益を得ようとする者がいる。こういった輩の行動パターンは大抵共通していて、「 いつもの流れ」になったら警戒して、仲間として引きずり込まれそうになったら手段を択ばずに関係を断絶するようにしている。 そういった態度については反発も多く買うが、それにいちいち配慮すると悪人の仲間になってしまうのでやむを得ない。 仲良しごっこをしたところで不正目的で維持されている関係であるし、それをわざわざ維持する必要はない。もちろん、 不正をさせるターゲットを手放さないために連中がわざと攻撃しているという面もある。

彼らの手法は大体共通している。はじめは肚の探り合いから始まる。目の前で不正を犯したり、周囲の不正を犯している者の話をして、その反応をうかがってくる。 これによって不正を許容してくれるか否かを探ろうとしている。ここで怒り出したりしないならば、彼らは次第に正体を丸出しにしながらその先のステップに進む。 次のステップでは実際に小さい不正をやらせようとする。小さな誤魔化しやこずるい行為を肯定したり絶賛する。そして、それを行うと絶賛するが、 一方で拒否したり否定的な言動をとると豹変して脅してくる。有力者と知り合いだとか、周囲の人間関係を一気になくすといった内容を仄めかしながら、 言いなりにならないと怖い目に逢うかのように圧力をかけてくる。

ここで駆け引きに負けてしまうと、次々と内容のハードルが上がっていく。それは即ち社会的により明白な不正を犯させるという意味である。最終的な仕上げとして、 彼らの目標とする不正をするように持ち掛けてくる。それは、組織の中で決定権のあるものに不正に采配させるとか、 機密の技術や情報を持ち出すとか、そういった類の不正である。これに応じてしまうと重大な責任問題となって、間違いなく社会的制裁の対象になる。そして、 持ち掛けたものは知らん顔して逃げ切る。利益は彼らに渡ったままで損失ばかり背負わさせるというわけだ。

以前、一回その危ない段階まで行きかかったことがある。別に、前段階の不正を犯したわけではない。何のことはない、脅されて怖かったので「だんまり」 をひたすら決め込んでいたのだった。何か意見を求められても中身のある答えは言わず、かといって相手の主張を肯定するわけでもなく、 頷きを強制されかかったらやはり「だんまり」を決め込んでコメントしない方向でかわしてきたのだ。そうしたところ、 彼らは自分達の主張に賛同しているとでも思ったのか、次々と暴走して次のステップのもちかけを次々と繰り出してきたのだった。

これは相手の誘いに乗らないとともに、悪い相手の正体を露見するうえでも効果的な手法なのかもしれない。その実、 駆け引きをするために曖昧な態度をとり続けたわけではなく、脅されて怖かったので黙っていたのだ。要するに、主張している内容がおかしいものであっても、 異議を唱えても聞く耳を持ってくれるわけでないし、下手に反感を抱いていると悟られたら敵扱いされて何されるかわからないと感じたから黙っていたのだ。

彼らは誤算をしていて、脅される側が恐怖を感じたからといって思い通りに操縦できるわけではないということを知らなかったようだ。 私のように何もしないほうが得策だと判断することもある。それから、以前にもブログで書いたと思うのだが、持ち掛けられた不正内容を公表する。 別に実名を挙げて書く必要はなく、持ち掛けられた内容だけ書けばよい。これだけでも身辺を監視しているやましい連中には相当堪えるようだ。

人が本当に怒っている時は、表情に出さないで行動に及ぶことがある。黙って話を聞いて懐柔されているのではなく、 関係を切るためのタイミングを決めようとしている準備段階だったりする。自分と相手は別の人間なのだから、何でも己の思い通りに事が進むわけはないし、 相手を軽んじていれば尚更別人物である相手の心は離れていくのである。他人を利用しなければ何も出来ないような者はそれを知らない。 だから、利用されている相手を我に返らせれば、騙されている被害者を救うことができる。

リベラルの劣化とは何か

リベラルの劣化などずいぶん前から保守層が言ってきたことなのに、今になってリベラル陣営からもその意見が出てきた。 リベラル系が政権を取った民主党政権時代の国政の停滞ぶりとか、国会前で大騒ぎのデモを行っても世間は冷ややかな目で見て国政も動くことはなかったとか、 認めざるを得ない現実を突きつけられたからだろう。

欧米でムーブメントが起こるとその劣化コピー程度の模倣しかできない日本のリベラルたち。実際のところ活動の趣旨も理解できておらず、 欧米でそのムーブメントが起こった理由である特定層の困窮とか厳しい現状といった社会背景とは全く合致していない層が仕掛け人の あおる熱狂に乗じて騒いでいるに過ぎない。

それは国内で本当に解決すべき問題の抱える現実とも乖離しているので、結局まともな人からは相手にされない。それでも、 騒ぐ連中は自分たちに対する評価を過大に行うし、マイナス評価するものを団結して敵視する。それは、騒ぐことで一応団体に一体感が生まれるためであるし、 自分たちが大きなものに属して社会の巨悪と戦っているという気になれるためである。

これまで大騒ぎして消えた社会運動はたくさんあった。アイスバケツ、99%の貧困層、保育園落ちた、9/1の図書館、シャルリエブド、 どれも騒動に便乗して大騒ぎしたいだけの連中の消費対象になったか、具体的な行動を伴わずに無責任に騒いで終わりとか、 騒げば騒ぐほど問題がうやむやに霞んでくるとか、本来の目的とは大きく乖離した結果だった。

人を支援する行為にも知性は求められる。弱者への援助と、弱者を援助している自分に自己陶酔する行為は分けるべきである。 そして、リベラルで「意識が高」い市民なるものの「意識」というものの本質が、結局リベラルとは正反対の「 空気を読んで同調」という土俗的なところに根差している。

この旧態依然とした部分を変革するのが保守である。だからリベラル派は保守から馬鹿にされる。日本は保守革新が逆で、保守の思想の根幹が「国造り」 といういわば革新的な思想にある。一方で革新を名乗る連中がいまだに資本家労働者とか旧態にすべてを当てはめることに固執した結果変革の足を引っ張る。

都筑区山口医院ステロイド中国人問題を今更

横浜市都筑区は港北ニュータウンが区として独立したに等しい場所である。その都筑区の地下鉄駅に近いこぎれいな住宅が整然と並ぶ 新興住宅地の一角に山口医院という内科の診療所があった。こんな風景は日本のあちこちにあるだろうが、この山口医院は普通の診療 所とは違った。アトピーの患者の出入りが多かったのである。アトピーの治療で一般の医療機関ではステロイド製剤を選択する。その ステロイドに恐怖心を抱いている患者が山口医院では漢方を配合したクリームを出しているといううわさを聞いて受診していたのである。

山口医院には蘇川博という名前の中国人がいて、中国の古代王朝から伝わるという配合に基づき、自ら山岳地帯に材料を採取に行き漢 方クリームを調合しているという触れ込みだった。そして、使用すると症状が改善するというのでステロイドに恐怖心を抱くアトピー患者は好感を抱いていたのである。

中国の有名大学学長の父と新聞社社長の母の間に生まれ、自身も有名大学の医学部を卒業したという中国人医師を名乗る蘇川 博。なぜか日本の厚生労働省の医籍登録データベースを検索してもその名前は出てこない。本当に医師なのか。この経歴不明な点を訝る声は以前からあった。そして、 好評だった漢方クリームも2ch掲示板ではステロイドを使っているのではないかという噂をする者がいた。もっとも、人気者にはや っかみや足を引っ張る勢力が多少なりともいておかしくはない。

ところが、結局のところ山口医院から処方された漢方クリームを成分分析したところ、クリームには漢方は入っておらず、むしろステ ロイドが過剰量含有されているという判定がされたのである。そして、処方していた蘇川博が日本の法律で医療行為を認められた医師 ではなかったことも判明したのだった。漢方クリームは販売のために会社が設立されており、これも薬事法上問題がありそうなうえに 、利益の9割近くが蘇川博側に渡っており返金や賠償が不可能だとして山口医院は破産申し立てしてしまった。肝心の蘇川博は騒動に ついて釈明すると当初は主張しながらも結局逃亡のための時間稼ぎだったようで、結局は中国に関係者が設立する大学の教授に就任す ると称して出国してしまった。もちろん、そんな大学は存在していなかった。

この事件、被害者が可哀そうだと全く思えない要素に満ち溢れている。

例えば、経歴不明な中国人を長年にわたって雇用し続けて医療行為をさせた山口医院は完璧な落ち度がある。今のようなインターネッ トの時代と違って、少し前までは確かに海外の学府の詳細などは確かめにくい面はあった。ましてや英語ではない言語だと検証のハー ドルは上がるだろう。だが、日本で医療行為をするには日本の医師国家試験に合格したうえで厚生労働省の医籍に登録するという要件 を満たす必要がある。だから、日本の医師免許や医籍登録の証明書を提示させればよかった話であり、それを何年も怠ったのはむしろ 偽物と分かっていて医療行為をさせたのではないかという疑念を抱かせる。ましてや、中国国内のトップクラスの人間で、しかも古代 王朝伝承の薬剤の調合ができるなどと称する人物が、なぜ都筑区の個人医院にやって来るのかということもおかしいと思うべきだろう。

また、一番の被害者であるはずの患者側も愚かすぎる。もちろん、山口医院と蘇川博を批判している勢力は一定数存在している。だが 、その声をかき消すかのように、彼らを擁護する勢力がネットでしきりに情報発信している。「蘇川博に感謝する患者会」なるものが あり、今は大半の内容を消去してしまったが、蘇川博に戻ってきてほしいが世論が厳しく追及したせいで出てこれないとか、 ステロイドは一般の治療でも使われるので含まれていても問題ないとか、無茶苦茶な内容で埋め尽くされていた。その派生なのか現存 するブログでも蘇川博のおかげであらゆる病気が治ったという体験談が書かれている。

ステロイドが嫌で漢方クリームなるものを選んだはずなのに、事件発覚後は一転してステロイドを擁護するというのは矛盾している。 それならば蘇川博でなくても一般の診療所を受診すれば何の文句も無いはずだ。山口医院の破産時の債権者集会で成分検証のために問 題のクリームを保管しているという話が出たところ、そのクリームをよこせと怒号が飛んだという。問題ある成分だから法人が破産に 至ったのであり、それを使わせるわけがないだろう。自己責任でステロイドを過剰含有させたクリームを手作りするしかない。

検索すると出てくる体験談が羅列されたブログの内容を見ていると、中国人・蘇川博があらゆる病気を治して皆感謝しているかのよう な体験談が書かれている。だが、そこに蘇川博の診療内容を書けば書くほど、どのような無資格診療をしていたのかが決定的になって しまうので、感謝どころか無資格で何でもやっていたという証拠をネットに残して摘発への追い込みをかけているように見える。

感謝する会は、本当に悪いのは山口医院で事件発覚後に蘇川博だけ悪いことにして切り捨てたかのような主張をしていた。だが、無資 格診療をしている限り、関係者からの疑問に答えることなく逃げ続けている限りは山口医院が無資格の詐欺師に詐欺の狩場として利用 されて切り捨てられたという構図が成立しており、山口医院は被害者の側と事実認定されることだろう。

なぜか、感謝するブログでは無資格診療への怒りや疑問は意図的なのか言及していない。ましてや彼らが嫌っていたステロイドを過剰 に投与されていたのに、そのこともスルーしている。それゆえ、ネットに書かれている蘇川博擁護を見ていると、被害者は頭がおかし い集団なのではないかと疑いたくなる。勿論、さらに穿った見方も可能だ。このネットで多数を占めている蘇川博擁護は全体の中のご く少数が自作自演まがいに書いていて、目的は山口医院や蘇川博が訴えられないように状況証拠づくりとして「関係者は感謝していて 被害はない」という構図を作り出そうとしているという可能性だ。つまり、蘇川博といまだに繋がっている関係者がいるということだ。

蘇川博には著書がある。絶版になっていないならば、印税は今もどこかに送金されているだろう。送金先は国内かもしれない。案外、 名前を変えて再度個人医院に入り込んで、同じような手口で大儲けしようと機会をうかがっているかもしれない。皆、事件のことはとっくに忘れてしまっただろう。