はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

思想信条に介入する者

別に相手が同性愛だろうが、特定アジアだろうが、カルト宗教入ってようが、構わない。日頃そんなスタンスを取っていると、時折勘違いした輩が出てくる。支持者や仲間扱いして、対立する陣営の悪口を言い出したり、追い落とす為の工作に加担するように誘ってくる。また、私がそれに拒否反応を示すとか、彼らの方針に少しでも合わない部分があると怒りだして、思想改造まがいの押しつけを始めたり、それを拒否すると突然敵扱いされて攻撃対象になる。毎回うんざりする流れである。

意外に思われるかもしれないが、私はいわゆるリベラルではない。むしろ逆だ。それでも相手の思想信条関係ない扱いをするのは、その問題に関心やシンパシーがあるからではなく、むしろ関心が無いからだ。その問題に積極的に関わっていく気がない。世間一般の寛容などそんなものだろう。

逆に問題意識があって関わっていく気があるならば、その逆の思想とは相容れなくなり対立を生むことになる。そんなことをお互いやり合っているならば社会の大半は敵なのであって、いちいち相手の思想信条をチェックして些細な点でも自分達のそれと合わないかどうか照合し、相手を制圧するなり自陣営に取り込むなりし尽くすには途方もない労力を要するので、最終的には陣営の総元締以外は完全に同一の思想を持っていないとして全員死滅する必要があることになってしまう。

そして、そのような対立をわざわざ起こしてまで彼らに関与する必要性を感じないし、対立したくない。そして、肩入れするだけの価値を感じない。それは下手すれば自分自身の生存を否定する行為に加担することになるからだ。親が同性愛ならば現在の自分達は生まれていないはずだろうし、カルト宗教に肩入れするなら自分達が死滅すべき異教徒であることを認めて死滅する必要が生じる。特定のものに寛容であるということは、実はそれ以外の多様性を認めない不寛容なのである。そんな思想信条は到底認めたり加担したくはないし、せいぜい尊重するにしても自分に関与してこない範囲で勝手やっていればという程度になる。

だから、相手の思想信条について殊更に介入して、それを特定の方向に強いるような真似はしないが、相手が逆にそれを強いる目的でこちらの思想信条に介入してきたり、それらに利する為に人間関係を悪用して踏みにじるような行為に及んだときは全力で反発して排除する。それは、私の思想信条を侵害する行為だ。

今日もそんな輩が賛同者を利用しようと肚を探ってくる。それを全力で阻止する。

佐賀県県立高校タブレットその後

佐賀県が県立高校の入学者全員に教育目的の名目でwindowsタブレットの購入を義務付けて、今春にタブレット教育を受けた第一世代が卒業となった。当初はPCの性能が陳腐化するという危惧もあったが、タブレットのCPUに関してはそれほどの技術革新はなかった。だから3年間でタブレットとしては性能の前時代化を心配せず使えたはずである。

一方で肝心の教育の質が向上したか、といえば疑問である。佐賀県が採用した電子教材は利用期間が決まっていて復習に使えないとか、その教材の端末へのダウンロードに手こずって使えなかったとか、そもそも教師が使わない方針だったとか、到底好評とは言い難い情報ばかりが漏れ伝わってきた。

また、タブレット導入後に佐賀県の教育レベルが格段に向上したという話も聞かなかった。教育レベル向上がみられるなら、大学入試の合格者数や就職先を大々的にアピールしてもいいだろう。今のところ、その動きは無い。

要するに、タブレット購入を義務付けても佐賀県の教育レベル向上に資したと言えるような結果は出なかったわけである。むしろ、佐賀県の県立高校全体を実験場にして生徒の時間と費用を自己負担させて、新しい教育を標榜する団体にいじくり回されただけで終わった感がある。

そもそも、元から教育レベルが高いところはあえて従来の教育手法を変えてまで新たにタブレット教育をする必要はなく、現状維持すればいい。佐賀県の県立高校が全体でタブレット教育に踏み切ったのは、要するに元々の佐賀県の教育レベルが低くて、全体統一で強制的にタブレットを導入しても上位層に悪影響が無いし、通常の教育手法でのテコ入れで効果が期待出来ないので突飛な手法に飛びついたのである。

ごく普通の教育手法を学校の教師が身につけたり、県民が学習の習慣をつけて他の足を引っ張って満悦気分になるのをやめたり、佐賀県の教育はタブレット導入以前にすることがある。

死刑廃止論の胡散臭さ

どうして死刑廃止論者は胡散臭いのだろうか。神の前で人は平等だとか、その平等な人間同士が殺しを法で正当化するのはおかしいとか、 もっともらしい主張なのになぜか胡散臭い。ただ、あれこれ視点を変えてみると確かに胡散臭いのである。

例えば、海外だと法律や政治が宗教や独裁体制と一体化していて、その教義に基づいた内容になっていることがある。そして、 そのような体制は体制の意に沿わないことで投獄される政治犯を生む。そうすると、ある国では特定の体制の意に沿わないというだけで弾圧されたり逮 捕投獄された末に死刑宣告されるとか、教義に従わないので逮捕されて死刑宣告されるなどという事態になりうる。だが一方で、 国境を挟んだ別の国ではそんなことは問題視されず犯罪にすらならないのが当たり前というようなこともありうる。

要するに、簡単に選ぶことができない生まれついた国や宗教のせいで、本来死刑にならなくてもよいようなことで死刑になるというフェア ではない状態が世界中で想定しうる。そんなことで死刑になるのはおかしいので、理不尽な理由で死刑になる人たちを無くそうという運動は起こるのは当然だろう。

かたや、日本には政治犯はいない。死刑になるのは目先の利益のために沢山命を奪った犯罪者の中でも最も凶悪な部類だ。 それと海外の政治犯や宗教批判での死刑囚とを同じ目線で語るのは無理があるし、語ってしまったので死刑廃止論が胡散臭く見えてくるのだろう。 ただ、日本の体制をよく思っていない勢力からすれば、凶悪犯罪者は犯罪によって治安を乱し日本の社会や体制に不安を生 じさせて転覆の契機にすることは可能だろうから、革命家枠で彼らを遇して擁護しているのかもしれない。