はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

2つの幸福への道

幸せをつかむ方法は2つあるように思える。一つは自分自身が幸せを実現すること。もう一つは他者の足を引っ張って自分と同じレベルに堕させることで喜びと安心感を得ることだ。どうも、昨今は後者の方式がはびこっているように見える。

前者の方式は最も堅実な方法だ。だが、実現に至る障壁は多い。何かしらの技能とか、これまでにない状況の中に踏み込んでいく勇気とか、大変な局面を乗り越える忍耐とか、それらを継続していく力とか、求められるものが多い。そして、それらを有している者は少ない。かたや、後者の方式は安直に実現できる。なにより元手がいらない。元手というのは資金に限らず、技能とか挑戦力とか継続力のようなものだ。それらが不要で、単に足を引っ張る対象のあらゆる挙動に大して否定や言いがかりをつけたり、物理的な暴力や脅しで対象が社会的に行動できない方向に追い込めばよい。

手っ取り早くできる相手への否定をしたり妨害に成功すると、あたかも自分が大きな力を持ったような気になることだろう。だが、その充足感のあとに現実が何も変わっていないことへの再認識が襲ってくる。他者の成功を見たくらいで精神的に動揺する幼稚な者は、この虚無感と屈辱に耐えられるのだろうか。

例えば、相手の妨害をすることに成功しても、相手が技能を持っていたり、それを社会的に有益に使う能力があるという事実は変えられない。だから、相手には多少の停滞はあろうが時期をおいて立ち直り、再び成功者としての道を歩み出すだろう。そして、そのときに足を引っ張っていたものは明確に敵として認定されて報復されるかもしれない。法的措置は勿論、本当は悪い点が無いのであれば社会はどちらに味方するか、その結論は自明だろう。

また、特定の相手に執着し続けるということは、永遠にその相手を超えられない相手として自認し、それより下位だから足を引っ張って上に立とうとしているといっているようなものだ。そして相手からすれば、格上であるという社会的な評価が一層定着するのに手を貸しているに過ぎない。足を引っ張っている限り、相手を盛りたてる役割に全ての時間を削られている訳である。それでも足を引っ張る側には自分達が優位だという言い分があるかもしれない。だが、大抵の主張は通らない。狭いコミュニティ内ならまだ取り繕えるかもしれないが、世間全体を丸め込むのは無理があるだろう。

自分で幸せを生み出せない者が幸せを得る権利はないし、他者の幸せを奪っても利得が自分のものになる訳ではない。昨今、それが分かっていない者が増えている。だが、彼らのけたたましい主張が世間を占拠しようとも、彼らに勝者の分は無い。

ブログ10周年

2007年6月30日に従来のHTMLテキストサイトからブログのサービスを使い始めて10年が経過した。

現在のブログは他のサービスから場所を移動して新規で始めたうえに、過去のブログからログを引き取って古い場所も残っていないので、 今のブログがあたかも10年続いているかのような表現は良くないのだが 10年続いているのは事実だ。

それだけ継続したからといって別に何か経済的なメリットがあったわけでもなく、むしろその種の利益と無縁だったから利益の有無のような時期によ って変動するものに関係なく続けてこられたのだろう。就職活動目的で社会活動アピールをするとか、一攫千金を狙うとか、そういった目的がない。 だから更新をやめる必要がない。

今後も特定の目的に固執しない更新を続けていく。気づかない間にまた、何かの節目を迎えていることだろう。

佐賀県タブレット以前の問題

佐賀県が県内のひきこもりについて、従来の調査手法よりも調査年齢を拡大して調査したところ、高齢のひきこもりが7割にのぼったという。しかも、 これは地域の民生委員などからの聞き取り調査による集計のため、本当に引きこもりの当事者が名乗り出ればもっと多い可能性もある 。ひきこもりの高齢化は以前より指摘されていたことであるから、調べればそのような結果になるのはおかしな話ではないし、佐賀県なら尚更おこりうることだろう。

元々が閉鎖的な土地柄であり、狭い村の中の価値観で相互監視しあいお互いの足を引っ張りあって相互牽制しあう。だから、 よその家庭が土地を出て進学就職でよい暮らしをするのは面白くないので、地元主義に固執する。その一方で、雇用は公募で選考されるものは壊滅的に少なくて、 村の中の閨閥のつながりで決まるものばかりで、それらもブラック企業を超える劣悪条件で低賃金な労働環境である。だから、 その中で暮らしている限り一生ヤクザ者と大差ないガラの悪い村人に搾取されるし、村の中の力関係で圧倒的に低位な者はその雇用にすらあずかれないし、 ほかの土地に出ていくだけの経済力も知力もないままで引きこもって老いていくのである。

通常、このような状況の者を救うために教育などの手段があるのだが、佐賀県の教育の質は高くない。それに、 そもそも学校の教師も佐賀の地元民なので腐った思想に毒されているか、地元の方針に逆らって「ぬけがけ」 させて地元民の怒りを買うことで地域内で弱者と同じ扱いをされたくないという欲もある。だから、積極的に地域の狭い価値観や貧困から抜け出すような支援はしない 。それは、社会的弱者への支援をする団体も然りであり、彼らも地域住民である以上は現状是認に終始するのである。

佐賀県といえば、県立高校の強制購入のタブレット。そのタブレットをどれだけいじって検索しても、肝心の県民の体質を変えていく気がないのであれば高齢者引きこも り問題解決への答えは出てこない。佐賀県民にはタブレット教育や、ツタヤ図書館やスターバックスコーヒーに飛びつく前にすべきことが沢山ある。