はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

社会

地域医療の医師供給問題

地方の医師確保に自治体が必死である。ただ、必死になる理由が今ひとつわからない。人材など普通にいそうなものである。 全国各県に大学はあるし医学部もある。医師国家試験で毎年1万人近く医師になる。その辺の大企業の新入社員なんかより多い。毎年それだ…

柳原病院事件に思う

足立区の柳原病院で乳腺外科医がわいせつ行為をしたとして訴えられて一審無罪となった事件は控訴審まで行くようである。 一部では柳原病院が民医連経営という理由で有罪扱いしている者もいるようだ。だが、本事件については民医連であることは関係無い様に思…

上小阿仁村医者イジメ伝説の深層

医者いじめのニュースで有名な秋田県上小阿仁村で診療所の老人医師がインフルエンザ罹患し診察してないのに処方箋を発行していたことがニュースになった。 閉鎖的村社会の体質で全国を戦慄させた次はこれだ。ガラの悪そうな村長がメディアに露出して医者イジ…

インバウンドマーケティングに騙されるな

インバウンドなるキーワードでしきりに外国人観光客を取り込む経営なるものを一部勢力が煽っている。国内観光に「付加価値」を付けて単価を上げる口実にし、外国人観光客を収益源にしようという企みである。爆買騒動のときは設備投資を企業にさせるよう煽り…

夜の街角の不審者

今居住している某所には夕方になると不審者が出没する。不審者は身長160cmくらいのスーツの男で、夜の暗い路地でパウチ化された大きなパンフレットを持ち、通行人に絡んでしつこくマンション販売の勧誘をしている。 夜道でそんな手法でいきなり絡まれると正…

東京医科大学の入試不正問題に感じるモヤモヤ

散々騒がれた東京医科大学の入試不正問題は他大学の不正疑惑も残しながら、まるで何かの都合に合わせるかのようにバレたもの以外は不正は無かったと有耶無耶にされ、2019年入試は押し切られて入学者を迎えた。 この問題は、正直受験生にも落ち度がある。 ひ…

競球ホールディングスと経済革命倶楽部

1990年代にKKCこと経済革命倶楽部なる団体を設立して、ポンジ・スキームで資金を集めた末に破綻した詐欺師の山本一郎が、まだ存命で強盗事件の被害者になっていたというニュースを先日見た。 ここ数年の山本一郎は浅草のビルに本拠を置き、「競球ホールディ…

AMラジオ縮小に思う

AMラジオを廃止するように放送局が総務省にはたらきかけているようだ。ワイドFMなる規格に統一するという。 ただ、FMは放送エリアが限られているし、AMなら地形に関係なく電波が伝わりやすく、遠方の地域の放送も聴取可能というメリットが大きいため、廃止す…

webで確定申告の書類作成

確定申告の書類作成、今年はwebで行なった。 マイナンバーカードと読み取り機がないと出来ないと思っていたが、そんなことなくpdfでの書類作成だけなら自分のPCでも出来た。印刷して郵送くらいの手間は惜しくない。 もう一つの障壁が、この種の役所のweb手続…

何でもアプリの時代だが

あちこちでサービスを利用するときに、以前だと会員カードやポイントカードを勧誘されたものだが、今はそれがアプリになりつつある。そして、ポイントカードへの勧誘からアプリの案内が増えている。この種のアプリは極力利用しないようにしている。今スマー…

Is GAFA watching you?

Google mapが時々動作が遅くなったり停止することがある。 そんな時は大体、余計な機能が付加されていて、それのせいで動作が遅くなっている。春先は桜の開花情報が付加されているのだが、都心だとあちこち桜で有名な公園ばかりで動作が重くてほとんど動作し…

不動産物件サイトの物件情報に思う

投資よりは、週末過ごす別荘的な意味合いで某所にワンルームマンションを探している。 不動産サイトで検索できるので便利だが、見ているとおかしな点が目につく。それは、単身者居住が専らの用途であろうワンルームマンションの物件情報なのに、物件からの幼…

ノマドワーカー今いずこ

数年前に一世を風靡した「ノマドワーカー」。オフィスを持たない、組織に所属しない新しい働き方なのだそうだ。ちなみにオフィスは無いが住居はある模様。 その後、この画期的(笑)な働き方はめっきり聞かなくなった。ひとつはノマドワーカーブームの牽引者が…

詐欺被害回復はあきらめないで!

高収益をうたい不特定多数から出資を募った末に経営破綻して、出資者が詐欺被害だと大騒ぎする事案が後をたたない。 しかし、個々の事案を見ていると本当に被害と言ってよいのか、突っ込みたくなる事案ばかりである。 例えば、健康器具をレンタルして高収益…

災害に強い日本

夜勤で翌朝退勤後に職場近くのコンビニで食事を買うことがある。先日は台風の日がそれに該当した。 台風の後だと物流が混乱しそうなものだが、普通に商品が豊富に陳列されていた。弁当一つだって食材を供給出来る農業や漁業の体制、食材を仕入れる体制、製造…

集団訴訟ポータルサイトに思ったこと

先日、ネットニュースを見ていたら出資詐欺に対して出資額が少額で訴訟費用の出せない者が集団訴訟を行うためのポータルサイトが出来たという記事があった。利用するのは個人の自由で勝手である。それはそれとして、この記事を見て私が思ったことを書いてい…

浜頓別の漂流家族2018

2009年ごろのテレビドキュメンタリー「漂流家族」を視て思ったことを書いた数年前のエントリで、多くのアクセスが当ブログにいまだにある。あの無責任で他人の善意を当てにして使い捨てにするようにあちこち渡り歩く一家のその後については、名前を検索すれ…

大阪震災のデマに想う

大阪の震度6の地震で、ネットを中心にデマが拡散された。東北の7年前の地震の時も放射脳が騒ぎまくっていたが、結局この種の連中の方がまともなユーザーよりもネットでは影響力を持っているのだろう。 ところで昨年秋、今回の震源地に近い京都の鉄道博物館で…

危険への心的抵抗

愛知県のネットカフェで誰でも相手は良かったという身勝手な理由で、居合わせた客が殺されてしまう事件が起こった。 ドヤ、カプセルホテルのような簡易宿所は、以前は粗暴な者が集まるガラの悪い場所というイメージが強かった 。今は、外国人が宿泊するなど…

それはミニマリストでも何でもなく

別に私はミニマリストではないのだが、居住スペースの問題でものが溢れかえり、居住それ自体に不便が生じている。 そこで物の点数を絞るために使用しない物を廃棄する戦法で攻めようとしている。結果的にミニマリストスタイルであるが、 ミニマリストのそれ…

物が多過ぎる

最近引っ越して、以前よりも狭い部屋になった。そのため、不要なものを決めて意識して廃棄していかなければ、物があふれて寝る場所がなくなるし、日常生活をするのに必要な空間すらも無くなってしまう事態となった。 特に多いのが書籍とデジタル周りの物品だ…

丸ノ内線の新型車両に思う

丸ノ内線が新型車両を投入するという。銀座線の新型車両がステンレス車なのに全体を昔の鋼鉄車のように黄色の塗装風にラッピングしているように、丸ノ内線の新型車は赤色の塗装風のラッピングがされるようだ。 丸の内線は帝都高速交通営団系の路線では銀座線…

公道カートがホント邪魔

テレビゲームのキャラクターの格好をしてゴーカートで公道を走行する観光客向けの公道カートの業者が問題視されている。 今のところ、問題視されているのは自動車側の理屈である。カートにシートベルトがついていないことで衝突時や急ブレーキ時に運転者が路…

ホテルの予約と海外サイト

近頃、都内のビジネスホテルの予約が取りにくい。それだけではなくて、宿泊費が高騰している。同じホテルでも数年前の2倍近くまで上がっているところがあり、以前から利用してきたホテルも老朽化で廃業して近隣に新しくチェーンのホテルが開業したものの、宿…

ブログの書式

はてなブログを見ていると、ブログ更新の専業者のノウハウのようなものがはびこっている。ブログの書き方など各自の自由でよいと思うのだが、近頃は何か決まりでもあるのではないかと思うようなブログを多く目にする。どうも有名なブロガーが指南している書…

ブロガーで一発逆転(笑)

今月に入ってからめっきりとブログ更新が減った。することが多いのでブログ更新ごときに時間配分していられないというのが最大の理由である。 これについてはブロガーの世界では厳しい意見しか出ないだろう。毎日習慣的に更新すべきだという主張がブログ初心…

佐賀県タブレット以前の問題

佐賀県が県内のひきこもりについて、従来の調査手法よりも調査年齢を拡大して調査したところ、高齢のひきこもりが7割にのぼったという。しかも、 これは地域の民生委員などからの聞き取り調査による集計のため、本当に引きこもりの当事者が名乗り出ればもっ…

日本のニュースはフェイクニュースだらけ

フェイクニュースなるものへの規制をネットメディア各社が強化していくそうだ。日本でもそれを推進したい勢力が海外の罰金刑の例を挙げている。しかし、日本のニュースはそもそもニュースソースの段階でフェイクニュースばかりであり、規制してしまったら流…

出版不況とテクノロジー

小説を読んでいると、設定が時代について来れない部分を感じる。 昔なら鉄道は密室状態で停車するまでの連絡手段は列車無線や窓から手紙の投下くらいしかなかった。今は個人の端末で連絡し放題だ 。ニュースも翌日の新聞までとか伝わるタイムラグがあったが…

ネット叩きのいち側面

暴力団が社会の表裏を支配しており、地域住民も事あるごとに暴力団を動員して物事を解決しようとする体質で有名な九州のある市で、 既婚の巡査部長が重婚をしようとして懲戒処分になったという。 この土地の本来の体質ならば処分せず見逃して、むしろ内部告…