はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

民主党というカルト

ずいぶん前、まだ政権を詐取してないころで、マスコミのごり押しと派手な詐欺マニュフェストが出始めたころのことである。私は他所の保守系ブログで民主党の主張に対して指摘したことがあった。

財源不明、継続性不明、従って現実性がない。また、増税などの負担増につながりそうだという内容を書いた。今ではマスコミが必死になって民主党のおかしな点を突きまくっているが、その頃はまったく逆のスタンスで、自民党のすることにはとにかく揚げ足取りし、政権交代を実現させようと恣意的な情報が連日のように流され始めたころのことである。

今では、マニュフェストの内容はいんちき、詐欺、ということで大方の同意が取れているようだが、そのころそれを指摘していたのは公明党公明新聞くらいしかなかった。あとはネット世論が突っ込むくらい。マスコミはネット世論について右翼が糸を引いているとか、信憑性がないとして一蹴していた。

あの頃民主党を絶賛していたマスコミ、左翼たちは今どんな気分で暮らしているのだろうか。また、世間にはどのように顔向けしているのだろうか。

左翼といえば、自由や人権を主張する一方で、権力への固執度が高く、自分たちの押し付ける価値観への一糸違わぬ服従を強制し、それに従わないと弾圧を加えるという特徴がある。日本共産党の権力闘争、学園紛争の果てのテロ組織の内部暴力、海外においてもスターリンの粛清、ポルポト文化大革命チャウシェスク政権など枚挙いとまない。そのような系譜の末席を占める民主党が日本を舞台にどのようなことをやらかすのかを想像すると悪寒ではすまないものを想起してしまう。一日も早い自民党政権の復活を願うばかりである。

広告を非表示にする