はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

SNSのつきまとい対策

まさか、このブログには来ていないと思うが、ネット上のつきまといというのが存在する。Facebooktwitterなどのページを隅々まで見て、私らの事を知ったつもりになっているおかしい人がいて、実生活でもその異常性から避けるようにしていたのだが、ネット上でも対応に追われていた。

色々な人付き合いの関係や、SNSを限定公開しすぎるとメディアを使っていない人の参加を妨げるという考えでできるだけオープンにしてきた。しかし、それはおかしい人たちにとっては餌になってしまうのでなるべくクローズにしたり対策を講じてきたのである。

関わりたくない連中ほど共通の話題や、関わる取っ掛かりが無い。それで、親しさを装う為に、それらのSNSで見た内容を話題にしてくる。だが、正直こいつと関係ない部分の私生活に介入されているような気分がするのでイライラしてくる。また、根掘り葉掘りプライベートなことを知るためか、書いた内容の意味をいちいちしつこく尋ねてくるのも辟易した。

誰と関わろうが自由だろう。だから、私はそいつ以外にも無数の人付き合いがある。その関係の中で、わかる人には分かる内容を書いて共有しているに過ぎない。ことさらに関係ないことまで詮索されたり、関わってほしくないような所にまで立ち入られたくない。誰と付き合おうが、何を嗜好しようが、どんな生き方をしようが、他人に介入されて方針を仕切られる覚えはない。私の私生活のすべてを細大漏らさず報告する必要も無い。

あらかたその種の詮索をしたり、しつこい介入をしてくる要注意の連中はブロックしたりフォロー解除している。それから、私生活関係のエントリは削除したり限定公開にした。ただ、閲覧を拒否しても何かしらの集団に偽装して登録されたりすると見られてしまうし、SNSのブロック機能は万全とは限らない。

ところが、営業活動する必要があるとサイトやメールアドレスをオープンにせざるを得ず、望まない人物から閲覧をされてしまう。営業活動するということは連絡先を一定掲載するということであり、接触を望まない人物に接近されたり、呼び出して懐柔しようとオープンにした連絡先への執拗な電話やメールや突撃に悩まされることになる。

今回対策の主たる標的としている迷惑人物はSNSのブロックでこちらの情報が得られないようにしているほか、私宛のメールアドレスはgooメールのものしか知らず、営業用のHPのアドレスも知らないようなので、2014/03/10のgooメールサービス終了でメールが送信できないというエラーでパニックを起こして変な行動を起こしてこない限り、うまく自然消滅的に関わりを絶てそうである。

正直、この種の連中は無視をすればよいのかもしれないが、無視をするにも精神的なストレスは溜る。対応すれば時間が無駄になるのと同じように、無視をするのでも不快なメールを受信箱に発見したときの監視介入されているようなストレスは必ず感じる。それを乗り越えるのに時間がかかる。要するに迷惑人物のせいで時間が無駄になるのは変わらない。

相手が人との距離感がおかしいとか、常識が無いなどは関わってすぐには分からないかもしれない。しかし、それが分かった時はできるだけ早いうちに、今後の関係をどうしていくのかについて結論をつけて、関わらないならばその対応を早期に行ったほうがよいだろう。

広告を非表示にする