読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

恐怖の「なんで君」

「なんで君」と我々の間で名前を付けて接近を警戒している人物がいる。

この人物が来ると人間関係や場の雰囲気が悪くなる。これは決して、いわゆる「いじめ」とか差別、偏見のようなものではなく、当人の言動が原因である。

「なんで君」はその名の通り、すぐに「なんで!なんで!」と言う。その問題行動は、他者との比較による自己優位の実感が満たされない時に始まる。きっかけは何でもいい。とにかく、何らかの状況でなんで君が下だと勝手に認定して馬鹿にしている相手が、誰かからプラスの評価を受けたり、優遇をされている、そう見なすとすぐに「なんで!なんで!」と大騒ぎし始める。おそらく、「なんで」の後には、「自分より下のあいつが優遇されて自分が扱いが悪いんだ」と続くのだろう。

だが、その実、優遇など無かったりする。プラス評価でも無かったりする。単になんで君が相手とのコミュニケーション能力が無かったり、相手を不快にさせる言動が多くて辟易しているだけで、それに対して相手と普通に会話が進行しているとか、話の流れの同意の意味の相槌とか、そういったものを細大漏らさず捉え次第大騒ぎしているに過ぎない。

ところが、ちょっとした言動をとらえてすぐに優遇だと言いだして、「なんでなんで」と騒ぎだし、最後は「ずるい」と怒りだして、優遇されていると見なした人物を攻撃し始めるのである。自分が同じ扱いをされたかったならば、単に相手に対して不快感を与えない言動をとれて円滑に事が進めればいいだけの話である。

単に「なんで君」は精神の病気だ、と言い切ってしまえばそれまでかもしれない。だが、小学生ではあるまいし、いつまで経っても周囲の人たちは自分の思い通りに動くと思っていて、それが実現しないと分かるとわがままの通らない子供が泣きわめくように大騒ぎする様子は気味が悪い。それでいて、「自分は親に甘やかされず厳しく育てられた」と言っているのだから、親に甘えなくても世間に甘えて色々なお目こぼしをもらって生きながらえてきたのだろう。

広告を非表示にする