はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

ノートPCでもマウスを使うべき理由

新幹線の待合室や喫茶店などでノートPCのユーザを見ていると、単体のままで使っている場合が多い。

タッチパネル対応のPCが普及するほど、画面上の操作をカーソルのみで行うのが困難になりつつある昨今のPC事情の中で、依然としてタッチパネル搭載でないタイプのノートPCはトラックパッドで指を這わせて、パッドのボタンを押しながら指を動かしてサイドバーを動かすなどの操作を行う必要がある。しかも画面が広いためか、カーソルが一時に動いてくれないので、画面の隅のほうに移動するときには何回も指を動かす羽目になる。エディタやワードで文字の編集をするときには指のふれ方によっては細かい操作に手間取る場合もある。

現在利用しているPCは名物の「赤丸」がついているのでそうでもないのだが、ノートPCのトラックパッドのみで操作をしているユーザーを見ると、さぞかし不便ではなかろうかと時折思う。

解決方法はマウスだ。これを繋ぐだけで使い勝手が向上する。特に机の上においてPCを使うときはマウスが使いやすい環境である。意外に思われるかもしれないが、新幹線の車内のような移動の場においてすらも膝の上でマウスを這わせるなどの方法でトラックパッド以上の使い勝手を実現できる。マウスは安く購入できる。かさばる大き目の通常サイズのものからコードリールつきでコンパクトに収納できるもの、ワイヤレスなどいくつか選択肢がある。多少かさばってもよいのであれば、通常サイズのマウスなら600円くらいで入手できる。

マウスを接続するとスタイリッシュさを欠くのかもしれないが、ちょっとした文面の修正や、ネットサーフごときのスクロールのために何回も手間取ってイライラするのはバカバカしい。

意外と忘れられがちなことだが、別にPCは購入したときの姿のままで使う必要は全くない。メモリを増設する使い方もあるし、HDDを換装してもよい。周辺機器を接続してもよい。メーカーが出荷時に入れたソフト以外を使ってもよい。道具は自分が使いやすいように使ってよい。道具に振り回されて、使い方を支配されているようでは文明は衰退する。

広告を非表示にする