はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

それは親切ではありません

最初は親切を装って近づいてきて、次第に正体を現すような連中というのが存在する。

その種の連中の正体と言うのはなかなか気づけない。表面的な付き合いだけだったり、傍から見ているだけにすぎないと、親切で世話好きに見える。最初は色々と親切にしてくるように近づかれた当人たちも考える。それで警戒心も解ける。だが、関係が親密になるほど、小さくて気付かなかった違和感が少しずつ大きくなる。ふとしたことで、あれ、おかしいぞという気付きが増えてくる。親切のようなものが実は干渉であることに気付くようになる。

ある物事を実行しようとする。そうすると、それをダメだと否定する。そして、代わりに・・・しろと押し付けてくる。これは、間違ったことに対して正しい道を説いたわけではない。また、判断としての妥当性や根拠があるわけでもない。あくまで否定してくる本人の偏見を含んだこだわりや思い込みに基づいた意見を押し付けてくる。

例えば、「植物由来だからと言って人工物より体にいい」とか、ネットで真実を見つけて放射能と関連付けたものを何でも否定するレベルの思い込みである。その程度の情報判断能力や検証能力すらないのに、それを他人に無理やり押し付けるレベルの次元の低いごり押しだ。マルチ商法の怪しい商品や宗教の強引な勧誘と似た不快感を感じるようになる。

あるいは、その人物に近い人たちや集団の肩を異常なまでに持って、それ以外のものを理由も無くけなして否定する。自分たちが一番すぐれていると主張する。だが、その理由を述べることはできない。さらに、難点があっても、その指摘には耳を貸さない。あるいは、凄んで指摘を取り消させようとしたり、既に確保している信者のような仲間を使って集団攻撃してくる。そして自己正当化に終始する。

そういった事例に遭遇したことは無いだろうか。

その種の一見親切に見える人たちと言うのは、親切なのではないのだと思う。他人を自分の思い通りに仕切りたいだけなのだ。そうなっていないと許せないから、他人に口を出すのだ。お追従してくる子分が欲しいだけなのだ。それが一見すると世話好き、親切に見えるのだ。そして、そうする上で都合よさそうなターゲットに狙いを定めただけなのだ。

毎日少しずつ干渉されていると、気付かないかもしれない。そして、知らない間に飼いならされて、口を出されることに何ら疑問も抱かなくなるかもしれない。あるいは、面倒事になるのが億劫になって、相手に反旗を翻すことに躊躇するかもしれない。ただ、そうやって干渉され、それを仕方なく受け入れたり従うを繰り返していると、相手にとって都合の良い人物になるし、相手との関係は良好になるかもしれない。だが反面で、自分としての考えや本当に志向している方針を全て封印することになりはしないか。本当にそれでよいのか。

別に、反旗を翻してもよいのである。それで干渉相手との関係は悪くなるが、それは社会的に問題のある行為ではない。何ら法律に触れるわけではないし、社会一般の人たちからすれば、別にそれでもいいのではないか程度の反応しか返ってこない。どうするのかは自己の裁量に任されている。

興味本位のワイドショーなどで、有名人の洗脳騒動が取り扱われることがある。実は、この種の他人を洗脳して支配するような連中と言うのは意外と多く存在しているのではないだろうか。どんな具合にと言えば、これまで述べてきたとおりだ。このような形で洗脳は行われるのである。

広告を非表示にする