読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

他人の否定しかできない人たち

人生観

他人の否定しかできない人というのがいる。

他人のすることや、存在自体をことさらに否定する。そういった言動をとる者ほど、他人を否定する一方で、なぜかおのれや利害関係のある仲間のことは肯定的な言動をとり、目立とうとする。そして、否定している相手に付与されている社会的評価や、有している諸般の権利を奪おうとする。

こういった言動は、基本的に悪徳商法と同じ手法なのだと思う。

悪徳商法の扱う品目は、カルト宗教の教義と同様に社会常識のある、まともな人なら騙されない内容である。だから、まともは方法では世間一般に出回っている正常なものに太刀打ちできない。そこで、彼らはターゲットを世間一般の常識から引き離す。

世間の常識ではそうだが、実は違うとぶち上げる。そうすると、聞いている側は不安な気持ちになる。そこに、実は自分たちの原理原則というものがあるのだと耳打ちする。その種の原理原則は、社会的にはちぐはぐであっても、偏った思考の中では一つの世界観として自己完結しているので、論理性を装えば頭の悪い人たちはうまく絡め取ることができる。人をだます者は、こうやって相手の思考を自説に釘づけにする手法にたけている。

他人の否定ばかりするものも同様であり、自分としての社会的な売りになるものや信念が無いのに、何らかの実績とか信念を引っ提げて人望を集めている人たちと同じように、人前に出て目立ち、社会的な評価を受けたいと欲しているのである。

本来は、それは自分で努力して評価を獲得すべきなのだが、その手間や責任を負わないでてっとり早く目立ちたいばかりに、他の批判と否定に終始する。そうすると、否定された他者の立場の跡地に自分の立場ができると考えているのである。

だから、やたらと他者の否定をするものが現れたら、その場でそれに賛同しないことだ。その場にいない相手の悪口を言ってどうするのだ。相手への評価は自分自身で決めればよい。そして、下手に賛同すると彼らの仲間になってしまう。これはつらいことだ。賛同している自分にも何の長所もないということを、他者への否定的な言動で認めているに等しいからだ。

広告を非表示にする