読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

アフィリエイト記事への自己基準

web制作

別に、はてなブログアフィリエイトを公式で許可しているのだから、どのような内容を掲載するのかについては個人の裁量であるし、はてなブログに醜いアフィリエイトブログがあったとしても、それに色々文句を言うのは筋違いなのは分かっている。

だが、下手すれば一般のセールスで行えば不実告知や不適切な勧誘として、違法行為を含む社会的なペナルティを受けてもおかしくないような内容で購入を誘発せんとするアフィリエイト記事が野放しだと、社会的なはてなブログの立ち位置は低いものになるだろう。

FC2のように企業からアクセス遮断されると、当ブログはユーザーを一気に失う。だから、意外とブログの存亡にかかわる問題である。

また、そのうち誰もはてなブログの記事など見てくれなくなったり、内容を信用してもらえなくなる。ユーザーが他の記事に共感して言及して、何らかの論争が生まれるような、はてなブログ独特の流れが今後衰退するのではなかろうか。

私の場合は広告についての自己基準を設けている。

広告記事なら一言「販売である」とか「勧誘である」と消費者に対して、その旨断ったり、販売企業などの提供元についても明示すべきだろう。これでブログだから販売行為ではないだろうと消費者がセールストーク無防備になりがちなので、錯誤を起こして契約させないようにする。今のところ、そういった内容のエントリは無いので発動させていない基準である。

そもそも、本文中には広告バナーを入れない。これは見苦しいアフィブログにならなくて済むというメリットの他に、商品の扱いが無くなったり、サービスの取り扱い期間が終わったあとでバナーなどを放置したり、いちいち最新のものに交換するという手間を減らせる。

アフィリエイトを盛り込む際の基準が今後必要になるのではなかろうか。もっとも、基準なんか設けないで書くだけ書いて、トラブル起こして自滅してくれれば良い話だが。

広告を非表示にする