読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

筆者が知る代ゼミ小倉校と例の事件への考察

2014/11/11の午後、福岡県北九州市小倉北区にある代々木ゼミナール・小倉校の自習室で、「目が合った」と因縁をつけた予備校生同士のトラブルから生徒が刺される事件が発生した。

第一報で容疑者が30歳ということで、ネットでは医学部受験生ではないかなどと書かれていたが、私はなるほどと思いつつも懐疑的だった。そもそも、事件を起こしてしまったら大学に入学が出来たとしても、その後の医師免許交付の際に犯罪歴が問題になって免許が取得できない公算のほうが大きい。そのようなリスクを冒してまで犯行に及ぶのだろうかという疑問があった。

実は、かなり昔の話だが、私はこの代ゼミ小倉校に通っていたことがあった。かなり特定できてしまいそうだが、Youtubeに残っている出陣式で音頭をとっていた職員、多分、各地方校舎の局長と呼ばれる事務方のトップだと思うのだが、この職員がまだ若かったころにクラス担任をしていたくらいの世代である。(あの人も白髪が増えたなぁ・・・)

だから、代ゼミ小倉校の実情は多少知っているのだが、まず、医学部受験の浪人生が何年も通うようなところではない。小倉校は代ゼミの中では最も生徒数が少ない。ほとんどのコースが本部校舎から中継されるテレビ授業で賄われ、普通の講師が行うライブ授業では地元の講師がテレビ授業への憎悪を駆り立てる発言をしながら授業を行う異常な雰囲気のところだった。

代ゼミ小倉校の役目は、本当は予備校の講義を開講するところなのではなくて、全国ネットの模擬試験事業の営業所のポジションだったのだと思う。山口県東九州地区をカバーする拠点として必要だったから、生徒数が少なくても成立していたのだろう。

べつに携帯電話禁止でもないだろうに、事件後に外野が散々騒いでいる間にも内部のリークは全く無かった。書く人物がいないほどに生徒が減っていたのだ。その程度の所だから、ひどい言い方だが何年も通い詰める価値は無いように思う。事実、代ゼミ小倉校は2015年春に閉鎖される。

だから、30歳の容疑者について実像がはっきりしていない段階で「医学部受験で何年も浪人説」がネットでやり取りされているのを見て、代ゼミ小倉校の実情からして違うのではないかと思った。むしろ、私大文系志望で遊び気分で予備校に来て、何年も不合格というパターンなのではないかと思った。私の頃には、そういう寮に入っている不良グループ数名がたむろしていて、問題を起こしていた。

事件が起こったのは自習室だったという点も、普通の熱心に学習する受験生ではないと見なした根拠である。

自習室とはいっても、代ゼミの自習室は私の頃は一般の生徒は利用できなかった。予備校の自習室なのになぜ利用できないかというと、朝から常時塞がっていて、同じメンバーが占拠している。だから、講義を受けていると、講義終了後や講義と講義の合間に利用しようとすると空席がない。したがって、常識的に想定できる予備校の通い方をしていると利用が出来ない場所、それが代ゼミの自習室だった。だから、まともではない連中の溜まり場という印象が強かった。

逮捕されたら、医学部受験でも何でもない、自称「早稲田大学」志望のアルファベットが書けないチンピラ。被害に遭ったからマスコミは手控えているのかもしれないが、刺された側の生徒だって、刺されるまでの言動を調べていったら許せないようなエピソードがごろごろ出てくるのではないだろうか。予備校に必要のない刃物を事前に準備して、自習室に持ち込み、刺す機会をうかがっていた容疑者。そこまでこの30歳を追い詰めただけのことをしているとみてよい。所詮代ゼミの自習室のメンバー。同じ底辺同士の争いだったわけだ。

「争いは同じレベル同士でしか発生しない」。はっきりわかんだね。退院したら、刺された側の挑発の言動についても社会的なペナルティを科した方がよいだろう。

そして、もう一つ教訓がある。人の怒りを買ってはいけないし、追い詰めて楽しんではいけない。

広告を非表示にする