読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

カルトにはまる人たち

カルト団体にハマるタイプというのがいる。

ある種精神病質者だと思うのだが、極端な考えのカルトに加入して妄信する信者になったかと思えば、突然方針が違うと脱退して、対立する思想の団体に加入し、そこでも狂信的に活動するなどという極端な例もある。

こういった人たちは、総じて真面目で人当たりが良い。そうでないと教義を理解して仲間を増やせないから、頭悪くてコミュニケーション障害があるようではカルト信者としては失格だ。

だが、そんな朗らかな人柄も詳細を見ていくと考えが頑なで、物事を多面的に検証しなかったり、思い込みを他人に押し付ける行為を親切だと思っていたり、組織の方針だと言われると人格が豹変して攻撃的になったり、とんでも無いことをやらかす素地がある。

身近にこんなタイプはいないだろうか。まだ何の団体にも染まっていないならば、彼らにカルト系を薦めると確実にはまってくれる。

表面的な付き合いだと、一見すると人当たりが良いのでおかしさは分からない。親密になるほど、「アレ?」と疑問に感じる違和感が出てくる。その時に、相手との距離に注意しないと、勧誘やら押しつけやらで人間関係の板挟みになる。

避けようが、仲間になろうが勝手だ。避けたことで生じる人間関係のトラブルはつらいかもしれない。信者関係の友人はすべて失うことになる。あるいは、仲間になることで失うものが大きいかもしれない。仲間の代わりに家族や昔からの友人やお金を失うかもしれない。

カルトを選ぶか、これまでの生活を選ぶか、どちらが辛いかの選別だ。ぐずぐずしてカルトをやめられないタイプは前者を切ることを極度に恐れている。

広告を非表示にする