はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

Flightgearをアンインストール

フリーソフトのフライトシミュレータであるFlightgearを先日メインPCから削除した。

過去にも書いたと思うのだが、毎回PCをメンテナンスするソフトを走らせていると、Flightgearを導入して以来ディスクのエラーの項目数が激増して、その修復操作に時間がかかる問題が発生していた。しかも、Flightgearの動作にも少しずつエラーが増えていて、機体ファイルのメーターパネルの項目が正常に表示されないものが増えて、正常に動作する機体がだんだんと少なくなる状態だった。しまいにはFlightgearそれ自体が強制終了して再起動して使うなんてことも頻発した。

ファイルのどの部分が問題なのか不明だが、元々ノートPCの動作ということもあって処理が遅く、パリのようなオブジェクトが多数表示されるような場所では動作が止まるような状態だったので、ソフトごとアンインストールした。レジストリも修復できるように最初は削除ツールで消そうとしたのだが、主に全世界シーナリーのファイルが膨大すぎたためか削除ツールが動作停止したので、windowsの通常のアンインストールで削除した。

ところが、Flightgear削除後もメンテナンス時のディスクのエラーの状態が変わらず、項目数がFlightgear導入後のエラー増加を保ったままなので、改めてアプリケーションフォルダのFlightgearの部分を見てみるとソフトは削除されたのだが、後から入れた機体やシーナリーのファイルがそのままになっていた。そこで、それらを手作業で削除したのだった。シーナリーは全世界分導入したのだが、これらのファイルは経緯度ごとにファイル点数が膨大であり、それが数十GBもあるので削除に6時間ほどかかった。

削除後に改めてメンテナンスのソフトを動かしてみると、エラー数は激減していた。エラーが多かった原因はFlightgearのシーナリーファイルの存在が関係していることは間違いないだろう。ただ、メンテナンスソフトでディスクのエラーと判定された正確な原因や、ソフトそれ自体の動作不具合の原因との関係は不明だ。シーナリーは膨大な点数のファイルとフォルダの構成で、tgz形式という特殊な圧縮ファイルだった。それらが存在しているというだけで不具合が生じるのか、それらを読み込む過程に問題があるのか、強制終了との関係はあるのか、はっきりしないままでのソフト削除だった。

Flightgearのサイトを見ると、バージョンが3.2から3.4にグレードアップしている。インストールしても処理が追いつかないだろうし、また不具合が起こるかもしれないので二の足を踏んでいる。

広告を非表示にする