読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

古いタブレットの余生を見出す

スマートフォン

Google NEXUS5を2015年になった今更新品で導入して、現行の最新OSに対応した各種アプリをインストールして環境整備しているのだが、それに伴ってこれまで使っていたiPhoneやandroid2.3のタブレットのほうも新たな使い道を模索している。

特に、先日はタブレットのアプリを整理した。既に、2012年購入時にもシングルコアCPUで1GHzを切るような性能だったタブレットは、スペックが低すぎるためか現行のアプリが対応しきれない局面が発生していた。Twitterを起動すると、Author名が表示されないとか、動作停止するという不具合が起こっていた。wifiのみ対応のタイプなので、外で使うような用途だと同じアプリを搭載したスマホのほうが活躍できる場が多い。通話アプリもあるが、結局スマホや使わなくなったiPhoneに入れたほうが音声通話しやすい。

スマホと同じアプリが動くならば、スマホで使った方が役に立つアプリばかり。あえてタブレットのほうが優れているのは画面が大きいということだ。それで、タブレットのほうのアプリは実質androidOSに強制付属のマップやハングアウトのようなものは入れ続けるとして、それ以外のTwitterSkypeなどやブログアプリも削除した。電池の残量表示やウイルス対策アプリは無いと困るので継続利用。それからスペックが低いのでメモリ解放アプリも引き続き入れておく。それ以外で残したのは、PDFリーダー、テキストエディタGoogle日本語入力、WMVを閲覧できるビデオアプリ、Googleドライブ、wifiファイル転送アプリといった簡素な構成になった。

タブレットは画面が広いので、PDF文書を電子書籍代わりに開いておくにはちょうど良い。また、WMVで作られた動画資料を閲覧する機会も多い。また、画面の広さを利用すればぎりぎりタブレットを横にして入力という荒業で、ブログ程度のものを書いたり、タブレットに標準添付だったOfficeアプリでOfficeファイルを編集することが可能である。それらはネット上のドライブで保存しておけば、後でいちいちPCとUSB接続しなくてもPCからも利用できる。

そんなわけで、今後はタブレットは書籍代わりに知識を得るマテリアルとして第二の道を歩むことになりそうである。これまで、PCとスマホの陰に隠れて今一つタブレットの使い道が見えてこなかったので、実は廃物利用的な今が一番タブレットを活用している時期なのかもしれない。

広告を非表示にする