読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

車内で快適に使えるPC

PC Life

Thinkpadネットブックを外出時に持ち運ぶ。出先でメール返信の用途などでPCが必要になったり、移動中ですらPCが必要になることもあるので重宝している。そのThinkpadも性能面で劣るようになってきたので、自宅に固定して使用しているメインのPCと携帯用を兼用したものを購入して、Thinkpadは万が一の場合の待機用として使うという方針で次のPCを選定しようとしている。

ただ、もう一つの選定方針としては自宅用のPCは大型の性能のあるものを購入し、携帯用は性能を割り切ったものを充てるというこれまでの方式の踏襲もある。それで、windowsタブレットなども検討していた。

ただ、先日も新幹線で移動しているときにタブレットは無いと感じた。

携帯性のあるPCには何種かの選択肢がある。普段使っている大型のPCをそのまま持ち運ぶという方式。それが嫌なら画面サイズが小型のPC。そして、SurfaceのようなiMacタブレットタイプにしたような画面一体型PC。それからwindowsタブレット、そしてPCのファイルが開けるandroidiOSデバイス。

タブレットスマートフォンは入力用のキーボードが無い。本体はスタンドで立てかけてBluetoothの外付けキーボードで入力という方式を採用すると、Surfaceと同じ利用形態になる。問題は、スタンドで立てかけるタイプはスタンドの足が安定して立てられる部分が必要である。したがって、膝の上で使うという選択肢は無い。

また、テーブルの上で使うにも、ノートPCならばキーボード部分が置ければ問題ないのだが、タブレットスタンドタイプだとキーボードを置いたその奥に本体を立てかける必要がある。問題は、その奥行きが十分にないということだ。せいぜい弁当を広げるのに必要なサイズ程度しかない列車のテーブルで、キーボードの奥にはそれほどの余地が残っていない。しかも、新幹線のテーブルは台にアームのようなものがついて引き出されて前席のリクライニング用のスペースを作る構造になっており、この後ろの方に本体を落としこまずキーボードが置けるという絶妙な配置をする必要がある。

ノートPCなら台の上に置けなければ膝の上で使えばよいし、リクライニングが倒されて画面が巻き込まれて破損なんてことにならないために、最初から膝の上で使うことだってできる。

同じような考えなのか、なぜかこれまで外出先でwindowsタブレットSurfaceを使っている人を見たことが無い。手持ちでスマホタブレットはいたのだが、そのタブレットも多くはiPadandroidタブレットは見なかった。また、昨今のPC事情の変化なのか、出張の会社員風の人がwindows PCではなくMacBook Airを使っていた。

新幹線のような場では沿線で必ずしも全域でwifiが拾えるわけではない。クラウドに依存するようなデバイスでは必要なファイルにアクセスできない。ネット接続が保証できない場でPCを使うなら、Gmailの本文はスマホで見ておいて返信や送信予定のメールの内容を自分のPC内で下書きするとか、このブログの内容を下書きするとか、もっぱら入力が多くなる。そうすると、私の用途の場合はPCでも買った方が適した使い方ができるのだろう。

広告を非表示にする