はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

ああ、上大岡富士ホテル

数か月前に、当ブログで上大岡富士ホテルが休業したらしいということを書いた。先日、久しぶりにTwitterで検索してみると、既にホテル敷地が更地になったらしいことが窺える書き込みがあった。茶色の旧館も、新しそうに見えて案外古さの目立った新館も、あっけなく解体された模様である。

その一方で、建て替え後の計画とされるマンションについての情報は見つからない。どこのディベロッパーが手掛けるのだろうか。6階建てということだが、本館新館と駐車場の敷地を含めると、奥行きのある土地である。そこそこ部屋数が確保できそうだ。とにかく、静かな住宅地の日常生活の中に溶け込んでいて、つぶれそうでいてなかなかつぶれず、長年営業を続けてきた富士ホテルは突如、その日常に終止符をうち日常風景の中から姿を消したのだった。

富士ホテルが休業してから、それを知らないままだった利用客が多いようで、当ブログには検索やURLを誰かが書き込んだ知恵袋経由で閲覧者が来訪する。出張でちょうど良い場所にあったので利用して以来、そこを今後も利用しようと決めて電話予約等をしてきたユーザーが、今年になって予約しようとしてから電話が通じないことに気付く。検索してみると、ホテルのホームページもおかしなことになっている。これで、何かあったと初めて気づく。

その数が無視できないほどおり、上大岡地区でホテルサイトのレビューにすら、ブログに写真一枚すら紹介されていない謎のホテルだったにもかかわらず、かなりの数の客に重用されていたところだったのだと再認識した。

現在、上大岡周辺のホテル難民が一定数いるものと思われる。あいにく、生活地域でホテルの需要の薄い横浜南部地区なので、探そうと思うと難しいだろう。

あのあたりで同等の価格帯だと、電話予約しかできないトリアノンなるホテルとか、ひと駅前の弘明寺の一石旅館くらいしか思いつかない。あとは杉田や八景にあるニッコーくらいだろうか。日ノ出町に行けばカプセル(連泊可能)もある。予約不要で料金固定の男女用のホテルという方法もあるだろう。

桜木町から関内には大抵のホテルがそろっている。そんなことは誰でも知っている。ただ、関内界隈のホテルは直前になるほど部屋を取りにくい。最近は外国人観光客の影響なのか、富士ホテル程度の価格帯でネットで検索したり予約できるホテルは部屋を確保しづらくなっている。今後はネットに依存しないで現地の電話帳で見つかる地味な旅館を探す昔ながらの手法が次世代の旅行テクニックとして流行するかもしれない。

広告を非表示にする