読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

Let's note RZ4にwindows10導入

Let's note RZ4を購入後、バックアップをとり、windows8.1までのメーカー提供のドライバ等のアップデートを終わらせた後で、windows10にアップグレードした。アップグレード後は、再度メーカーのサポートページからwindows10対応のソフトやドライバのアップデートを入手してインストールした。

これでアップデートは終わったと思ったのだが、さらにDriver Boosterでチェックしてみると他にもアップデートされていないドライバーが十数点見つかった。これらもアップデート。現在は恐らく最新の環境でRZ4を使用している。

windows10で危惧していたのは、以前のThinkpadでアップグレードを試みた際に生じた、起動後にデスクトップが表示されるまでの謎の黒画面が長時間続くことだったのだが、そのような現象はレッツノートRZ4では起こらなかった。ログインのパスワードは自動入力するように設定しているのだが、この設定だとシャットダウン状態から電源を入れてwindows10のデスクトップが表示されるまで、約20秒である。

HDDではなくてSSDなのだから速度があるのは当然と言われればそれまでなのだが、以前使用していたSSDネットブックwindows XP起動よりも早い。また、デスクトップ表示の段階ですでに無線LANに接続済みであり、ただちに使えるようになっている。まるで、スマートフォンのようにスタンバイ画面からメニュー画面を表示したらただちに使える状態に対抗しているようで、windowsが手軽にすぐ使える携帯端末の普及・浸透に対して危機感を抱いた末の結論がここ数年のOSやハードウェアに反映されているようだ。

windows10は以前にメインPCでアップグレードしたことがあるわけだが、その時と違って動かないソフトが出た。Flashバナーを作るソフト、これは不要だから問題ない。それから、BlueGriffonが起動後エラーが出て使えなかった。どうも、windows10でマイクロソフトアカウントで認証をした結果生成される個人フォルダに問題があるらしい。個人フォルダが日本名だと、漢字と一部ソフトの相性が悪いために起動しないことがあるようだ。テキストをHTMLにするときに改行や太字の加工を楽にできるので重宝していたのだが、KompoZerで代用するしかなさそうだ。

広告を非表示にする