はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

レッツノートRZ4のキーボード

レッツノートRZ4は数年ぶりに購入した日本語キーボードのPCである。そのため、US配列と違う一部の文字を入力するときに毎回タイプミスを起こしてなかなか慣れない。括弧がEnterキーの横に上下配列とか、@の位置が違うとか、数式に使う記号の位置とか、挙げだしたらいくつもある。また、EnterキーとShiftを押し間違うこともある。位置や形状がUS配列と似ているためである。

その一方で、一部ユーザーに不評な「全角/半角」の切り替えキーの位置はかえって使いやすい。US配列だとAltと左上の文字キーを同時押しする必要があったので、その手間が軽減されて便利だ。

RZ4を購入するときには、これまでのPCよりも横幅が狭くなったりキーの大きさが小さくなるので窮屈で入力しづらそうという懸念があったのだが、案外窮屈さは感じない。元々使っていたThinkpadは11インチも14インチもほぼ同じ横幅のキーボードであり、もともと横幅の狭いキーに使い慣れていたからかもしれない。そして、RZ4のキーボードは9インチeeepcのキーボードよりも余裕がある横幅に感じる。

キーボードは押したときの感触が柔らかい。Thinkpadはもう少し固い感触だったので、慣れが必要だ。最初windowsの設定をしているときにはアカウントの入力をしていて本当に情報が入力できているのか心配なほど軽くて柔らかい感触である。この「押しているのかいないのかはっきりしない」というのは困ったもので、つい強めに押してしまう習慣がついて破壊・故障の原因になることがある。

キーボードのほかにトラックバッドのクリック部分のボタンの感触にも同じことが言える。レッツノートRZ4は今どきのPCには珍しく、トラックパッドと物理的なクリックボタンが別になっているが、このクリックの感触が甘い。以前使用していたPCはトラックパッドのクリックボタンが反応しなくなって修理に出したことがあるので、おそらくこれだけ使用しているとすぐに修理に出す羽目になりそうな曖昧な感触だ。今はパッドをタップしたり、タッチパネルもあるし、以前のことがあってから外付けマウスを使うような習慣がついたので大丈夫だとは思うが、外出時に携行してマウスなしで使うというときには気を付けたほうがよさそうだ。

広告を非表示にする