読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

爆買いブームの怖い第二段階

社会

他人がお金を儲けているのを見て、許せないと妬み、利益を自分に誘導したいと考える者がいる。あるいは、取引相手を見下して、彼らの業務を自分たちで奪えば利益を独占できると考える者がいる、そんなことを以前書いた。

家電量販店のビックカメラが、中国資本の春秋航空と提携するという。また、秋葉原で免税店を以前から手掛けていたラオックスは、中国人留学生を不法就労させていたとして社長が書類送検された。ラオックスが中国資本になったのはかなり前だが、先日の不法就労問題のニュースで改めてそれを認識した人も多いと思う。

中国人観光客が訪日し、観光の日程の中で国内の店舗を訪れて、家電などの耐久消費財を大量に買い付ける爆買いブームなるものが起こっているとマスコミが焚きつけている。マスコミの胡散臭さをネットの検証を通して見せられると、爆買いなる報道も嘘くさいと感じてくるのだが、実際、そのような風景は目にしてきた。

秋葉原万世橋など土地勘の無い者でもスグに分かるような目立つスポットでは常時観光バスが駐車していて、日本語を話さないアジア系の外国人がぞろぞろと乗り降りをしている風景がある。場所は西に変わって、大阪の難波に行った時も実際にそのような風景はあった。炊飯器をはじめとする家電の箱を大量に抱えた中国人らしき観光客を目撃した。戎橋に至る商店街ではどう見ても中国人のみをターゲットにしているらしい商店があったり、ホテルでは館内用の浴衣を土産物として売り物にしたり、マクドナルドではコカ・コーラのガラスコップを売ったり、こんなものまで土産物として販売するのかと驚くほどに何でも売り物にしていた。手にできる者は何でも売り物にしそうな勢いだったのは事実である。

だが、これだけたくさん購入するのを目の当たりにしたら、商機ととらえるのは日本人だけではないだろう。中国人だって商機ととらえる。購入されている者の何割かは中国の工場で製造されて日本に輸入されている物品であるし、そう思わない筈がないだろう。そのうち、日本人がマスコミの発する爆買い狂想曲に踊り狂っているうちに、当の日本人は梯子を外されていることに気付かずに大損をすることになる。それが先の春秋航空ラオックスの件である。

もう、爆買いは第二段階にきていると見るべきだろう。不案内な中国人観光客なのだから、案内している者が自分たちの息のかかっている仲間うちで全てを完結させても気づかれない。下手すれば、日本への観光なのだが全て中国資本の中でお金が動いて、日本という場所はそのビジネスを行うための舞台にしかなっていないかもしれない。

例えば、中国資本の観光会社が中国資本の航空会社で日本に観光客を入国させて、中国資本のバス会社が中国資本のホテルに客を案内し、中国資本の観光地を回り、中国資本の土産物店で中国製品を大量購入して、中国へ帰国するのである。道中で日本に落とされる金は、せいぜいお茶を飲む程度の小銭であり、それ以外は極力中国資本の業者の中で使わせる。日本人からすれば、コンビニを荒らされたり、自販機の飲み物を汚く飲み散らかされたり、施設のトイレを汚しまくられるだけで終わって、それは地元の品位は下がっても観光収入には一切繋がらないという仕組みになる。

数年前に関越道で格安バスが事故を起こしたが、このときの運転手は自称・中国残留孤児の子孫で日本語の不自由な男だった。この程度でも日本の運転免許は取得できるのである。そして旅行業者には利幅が大きい格安料金で仕事を請け負ってくれる。単純労働者でも料理人ビザで入国できる。日本は不況で閉鎖する店舗やホテルなど普通にあるので、買い取って在留のアリバイに用いることと観光客を入れることは相性が良い。だから、会社の資本どころか従業員ですらも中国人で固めることが容易になっており、いよいよ地域経済への貢献など望めない構図が完成してくる。

観光客を大量に受け入れる体制を躍起になって整備する前に、その中での国内資本比率やツアーの質を監視する必要がある。そうしなければ、観光を通して伝えたい日本の姿は伝わらない。その一方で、悪質な金儲けの場所として日本が使われ、日本に対して悪印象を持って帰国する人数を増やすだけで終わる。

広告を非表示にする