読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

PC以外の手回り品の整理

数年前に比べると外出時の電子系の荷物が増えたと感じる。以前だとせいぜい音声通話の着信程度だったので、携帯電話と充電ケーブルだけ持っていけばよかったし、それすら持たないこともあった。今ではスマートフォンに加えて、PCやwimaxルーターも持つようになった。

こうして電子機器を複数持ち運ぶとなると、持って行く物は本体だけではない。それに給電するための電源ケーブルや、コンセントに接続するためのプラグも携行する必要がある。特に数日をまたいで外出するときは、これらをセットで持って行かなければ途中で電池切れになって、ただの数百グラムの塊を持っているのと同じ意味になる。

以前は電子機器の中でもPC本体の重量が問題だった。そして、天板が11.6インチでも荷物としては大きいので入れる場所を選んだ。今はレッツノートRZ4を導入したので重さも入れる場所も負担にならないのだが、結局持ち物の構成が変わらないのでかさばるケーブル類の荷物点数は減っていない。ただ、持ち運ぶときの取りまとめ方は様式が定まってきた。

100円程度で売っているファスナー付きの布袋を用意して、その中に通常の家庭用コンセントの他にUSB給電付きのマルチタップとUSBケーブル2本、デジカメを持ち運ぶときはカメラ用のUSBケーブルを入れる。各端末に付属しているコンセント部分は持ち運ばずに、全部このマルチタップで済ませる。必要な電子機器の数によってこの数は増減する。

この外出セットは構成を決めておくと便利で、外出が決まったらすぐに袋詰めして荷物に入れてしまえば出先で必要なものが無くて困ることがまず無い。布袋は二層構造になっていてもう一つポケットがあったので、そちらにはクシや歯ブラシや爪切りといった身の回りに必要な小物を入れる。そうすると、ホテルに置いてある使い捨てのものが質が悪くても自前のもので済ませられるので、更に便利である。

こうして、着替え以外の外出に必要なものは小袋にコンパクトに収まるようになった。手持ちのカバンに収まって、とっさの外出も苦にならなくなった。PC本体と合計しても一昔前の広告がぎっしりついていた時代のASCIIやDOS/V Power Report並みの容積である。次のテコ入れは、外出時にPCを持っていくという前提それ自体である。よほど出先でのデーター整理や込み入った入力が必要でないのであれば、タブレットで済ませたいところだ。

広告を非表示にする