読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsタブレットの不便な点

windows10のタブレットを購入したので、タブレットのデータ収納用にmicro SDを購入した。流石にメインマシンほどのデータの持ち運びはないため、安かった32GBの物を購入した。androidタブレットの感覚のままで、これを本体に入れてUSBケーブルを接続し、あとはタブレットでも持ち運びたいデータだけコピーしたらタブレット使用前の作業は一通り完了だと思ったら、考えが甘かった。

USBケーブルでPCに接続したところ、認識されなかったのだ。当たり前といえばそうなのだが、windowsタブレットは一応PCなので、USB規格のマスターとスレーブでいえば周辺機器に対して両方マスターの状態になってしまうために双方を操作できないのだろう。そこで、一旦micro SDを取り出してカードリーダーに入れ、PCに普通にUSBドライブとして接続した。このカードリーダーは以前に携帯電話のmicro SDを読み書きするために購入したものだったのだが、より規格が上のSDHCでも使えた。

このSDにPCのMy Documentsに該当するフォルダを作成して、作業に必要なファイルや、タブレットで持ち運んで閲覧したいデータをコピーし終わった。そして、タブレットのデスクトップ上にSDへのショートカットを作成。こうして、windows10環境のコンパクトな作業場が手軽なサイズに実現したのだった。

とりあえず、現時点ではメインPCとのデータのやりとりはSDを取り出して直接書き込むか、OTGケーブルを接続してUSBメモリ経由という方法しかなさそうだ。クラウドという方法もあるかもしれないが、通信量が増えるので極力ネットを介さない方式をとりたいと思う。windowsタブレットは決してメイン使用するようなPCではないと思うのだが、今回のような点で微妙にサブ機としても使いにくい。

広告を非表示にする