読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsタブレットのタイプミス

今、windowsタブレットで文字入力している。タッチパネルで表示したスクリーンキーボードに入力するわけだが、この入力は慣れが必要なようで、数日入力しないとタイピングのスキルが落ちて誤字が多くなる。

今のこの文章の入力だと、一文節で必ず一回はタイプミスが起こっている。タイプミスの内訳で見ると、一つがタイプしたはずが入力されていないというもの。もう一つが別のキーをタイプしてしまうというもの。いずれのタイプミスも、中央のスペースキーに近い部分はミスが少ない。隅のほうのキーが入力に絡むときにミスが生じやすくなる。

タイプミスを減らす試みとしては、入力速度を落とすという方法で若干だがミスが減ってくれた。入力の時に普段の物理キーボードのような速度で入力せずにゆっくりめに入力すると押していないという現象は起こりにくくなる。また、タイプのときにキーボードの方を確認しながら入力することも有効である。別の場所をタイプしなくて済むうえに、押し忘れも気づきやすい。

つい、いつものwindowsであるし、PCと同じ感覚でさっさとブラインドタッチしてしまいがちであるが、文書入力に関してはPCとは別物だということを意識すると、快適に使うためのコツが見えてくるのかもしれない。

androidタブレットの時はGoogle日本語入力のキーボードのキーが互い違いの配列になっていなかったため、タイピングしていると指が痛くなった。捻挫したような痛みだ。その点、windowsタブレットの標準のスクリーンキーボードは配列はPC準拠なので、長時間入力しても指の痛みは生じない。入力ツールとしてはandroidタブレットより使いやすそうであるし、androidの時も試行錯誤しながらブログ更新程度の分量の入力はできるようになっていたので、windowsタブレットでも使い慣れたいところである。

広告を非表示にする