読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

USBケーブルの汎用性

PC Life

所用で外出し、写真を多数撮影した。スマホの電池を温存するためにiPhone4sを使った。かなりの枚数を撮影し、それをPCにインポートしつつ、出来上がりを大きな画面で確認しようと思ったのだが、できなかった。単純な理由だが、充電用のケーブルは持参していたのだが、そこから先の両端をmicro USBのコネクタにするだけの本数のケーブルは荷物が増えるので持ってきていなかった為である。ここでandroidwindowsタブレットならばOTGケーブルとUSBケーブルを接続して外出先でデータのインポートがそのまま可能なのだが、iPhone4sは専用のケーブルが必要となる。別にそれを持ち運べばよい話なのだが、持ってこなかった。

Appleは独自規格のコネクタ形状についてメリットを主張しているのだが、肝心のユーザーからすると他の汎用性のあるUSBはもちろんのこと世代の違うiPhone同士でもケーブルが共通しないので、とっさに充電やデータの転送が必要になった時にケーブルが無いし、周りから借りることも難しい状況があって困る状況が多いようだ。単にデータの転送ならクラウドがあるのだが、その動作でも電力は消費する。その供給となるとケーブルが無いと何もできない。

androidスマホタブレットwifiルーターwindowsタブレットと小型の電子機器が手元に増えた。そして、それらの充電は共通するUSBケーブルで可能なので、充電が必要な時に手近な空いているものを使えばすぐ充電できるので助かっている。あいにく、iPhoneだけはその例外のポジションだ。

Appleは独自規格の技術が画期的だというが、なぜか他社はそれを導入しない。他とは連携しにくい独自規格。長期で使えば使うほど画期的な技術など陳腐になるが、そうすると独自性が足かせになる。新機軸が結局普及にとん挫して淘汰されたときに、当該製品の関連製品は製造されなくなる。こうなると、ケーブルの互換性以前にケーブル入手すら難しくなり、長期でものを使えなくなる。いくらメーカーがOSのサポート期間終了などといっても、それ以後に使用するか否かを決めるのは消費者であってメーカーに主導権は無い。これが、ケーブルの販売終了とか、本体と関係ないくだらない理由で使用終了する羽目になる。

現在のスマホの次は何を導入するかについては、iPhoneは無いと断言してしまう。iPhoneは機材の効率運用にそぐわない。

広告を非表示にする