はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

タブレットPCを久々活用

先日、windowsタブレットを久々にタブレットらしく使用した。

PDFを読むために縦画面にしてファイルを表示させ、その辺のandroidiOSの端末のように表示させた。PC用のAdobe Readerの嫌な面なのか、ファイル操作の様々な項目が左右のタブに表示されて当初の表示は切手並みのサイズになったり、フルスクリーン表示にした後で戻す方法が分からなくなったり、タブレット的に使えるのだが所詮はタブレットとは違う端末だと実感した。

ただ、PC版ならではのメリットがある。それは、他のタブレット端末のOSのようにファイルエクスプローラーを他社製のアプリに外注しなくても、OSのデフォルトでファイルが格納されているフォルダを参照できることだ。これはPCでは当たり前だったが、スマートフォンタブレット系ではできない事だったので画期的である。

私の場合はタブレットのドキュメントは全てSDカードに記録するようにしているので、予め他のPCなどでフォルダの階層を設定しておけば、普段使っているPCと同じところにファイルを格納出来て端末間での使用感が均質になる。今のところ、USBケーブルを接続して直接PCからファイル転送という技は使えないのだが、定期的な差分のコピーで十分事足りる。

もう一つメリットがある。それは、ファイルの文字化けが少ないということだ。androidだと端末によっては対応していない言語がファイル名にあるとファイル名の表示が出来ず、アプリで表示したときに何のファイル化不明なことがある。これは特にmp3ファイルで多かった。その点、同じwindowsで同じ言語パックを有しているならばファイル名を端末やアプリが対応していないというリスクは減る。

私にとって、PDFファイルを参照するときは業務の成否にかかわる重要事項であることが多く、必要な時に確実に動いてくれるという要件は非常にありがたい。そして、windowsで多くのフリーソフトを走らせていると、androidiOSアプリと違って画面に占める広告の比率が小さいか皆無であり、特定の機能のためにアプリをダウンロードさせるような真似もしないので使用していてアプリに振り回されることが無いので快適である。

広告を非表示にする