読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

PC携行が今年も多かった10月

約1か月ほど更新ができない状態が続いた。大きなイベントへの準備があって、平時の業務の他にそちらにも時間配分が必要になったために更新していなかった。その間、毎日PCを持ち運ぶ必要があったためにwindowsタブレットか、レッツノートRZ4を持ち歩いていた。

基本的に職場に作業用のPCは用意されているので、そちらで業務をすればよいのだが、細かい手直しや職場以外での作業が必要な時のために常時手元に最新のファイルがあり、それを閲覧できたり改変できる必要があった。

windowsタブレットは軽量で、RZ4の半分程度の重量しかない。USBケーブルもスマートフォンwifiルーターのものと共有出来て、それで充電可能だ。OTGケーブルは既に持っているのでUSB機器も接続できる。だが、圧倒的に期間中に持ち歩いたのはタブレットの2倍近い重量のレッツノートだった。

タブレットでも作業はできる。これは実際にファイルを開いて操作してみて確認済みだ。だが、物理的なキーボードがついているレッツノートの方が遙かに作業しやすかった。しまいには、職場のデスクトップPCを使わずにレッツノートのほうで作業して、作業後のファイルをデスクトップに転送するほどだった。デスクトップPCのほうがOfficeも最新でCPUも高性能だったのだが、RZ4ばかり使っていた。

不思議なことに、同じwindows10搭載のはずなのに、なぜかタブレットを持って行ったときは作業をする気にもなれなかった。RZ4のほうが同時に複数のファイルを開いて参照したり、それを基に作業するには適していた。タブレットはそれらの作業をするには億劫だった。一方で、参考資料として大量のPDFファイルを閲覧するときには、本のようにタブレットで表示して参照するのに使った。ただ、同じことはPCでもできた。

こうして、イベント当日もRZ4を携行して無事に乗り切れた。ネットで様々な機種のレビューを見ていると、タブレットを仕事に使うというトピックがある。だが、OSやスペックが似通った条件でPCとタブレット端末を比べてみると、タブレットの使いにくさが目立つ。2in1のレッツノートRZ4にもタブレットモードやタッチ対応のディスプレイが搭載されているが、ほとんど使用していない。タブレット端末を購入するときは、相応の使用理由が無いと持て余すだろう。

広告を非表示にする