読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

窓タブでタイピング

今、Windowsタブレットタッチタイピングの練習をしている。Windowsで何かをするという時、情報を発信する側の所 作が多い。その一つが文字入力である。メールの返信やテキスト作成のほか、HTMLの修正でもキーボードを使う。しかも、スマー トフォンと違って入力する字数が多い。物理的なキーボード入力に比べて入力している実感に乏しいタッチパネル画面の為に、入力速 度を上げるのは困難がある。それゆえ、どうしても一定のタイプミスが出てしまう。このタイプミスの克服を目指しての練習である。

同じような試行はandroidタブレットでも行ったが、Windowsのソフトウェアではandroidとは違うタイプミスの 特徴がある。全体として入力はしやすい。それは画面が7インチから8インチになったというサイズ面での制約もあるとは思うが、そ れ以外にもandroidと異なりPCのキーボードのようにキー列同士が互い違い配列になっていて、入力していて指が疲れないと いう明らかにソフトの仕様に起因する使用感の違いがある。一方、母音や同じキーの入力が続く語句を入力するときにタイプされない というソフトウェアキーボード特有のミスが多発した。タッチパネルは連打に弱いようだ。また、隅のキーを押そうとしてEnter キーやShiftキーを間違って押してしまうというミスも多い。それでもこの辺りを上手く意識しながら使用していると、流石使い 慣れたWindowsだからか、ソフトウェアキーボードを意識しないブラインドタッチに近い入力も可能になった。Windows タブレットのソフトウェアキーボードではスマートフォンIMEのように変換候補がキーの上に表示されるので、これを活用してキ ーボードで実際に入力操作する回数を減らすこともタイプミスを減らす方法になるだろう。

ソフトウェアキーボードにこだわらずにbluetoothキーボードでも購入すれば普通に入力できる。これは最初から分かってい る。しかし、それならRZ4を使えばよい。ただ、本体がディスプレイ部分に相当するタブレットなら荷物が軽量化するし、 スマホ感覚でWindowsを使える。そのメリットが生きる使い方をしたいと思う。

広告を非表示にする