はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

Google mapの見当外れな結果

Google mapはよく利用する。出かける前に利用交通機関を調べたり、道筋をチェックしたりする用途に便利であるし、大体それに記載されている通りの時間で現地に着くのでよくできていると思う。

そのGoogle mapで不便だと思うのは、地名の優先順位がつけられないことだ。概ねの場所は的確に表示される。ところが、同じような地名が重複するような場合がある。「関内」とか「栄町」といったどう考えても横浜や千葉当たりの中心市街地のことを調べているような状況で、検索窓でそれらの地名を入力するとよくわからない北関東の農村が表示されるといった現象が頻繁に起こる。

確率論から言って、そんなところを目的地にするユーザーよりも、同じ地名の大都市部の繁華街を目的地にするユーザーのほうが多いのは明白だ。ましてや、Googleは検索の最適化に血道をあげている会社であり、その会社の提供しているサービスである。そこで見当はずれな検索結果になるのは意図的なものを感じる。例えば、検索結果をわざと違うものにすることで生産性を落とすとか、とんでもない方向に路線案内するとか、そういった目的ではないかと勘ぐってしまうということだ。

別に、検索窓を使わなくても該当の地域にクローズアップしていけばよい話なのだが、使わせるためについていると思われる検索窓が無駄になっているわけで生かせていない無駄なスペース・機能な状態である。私にとっては千葉市名古屋市の栄町よりも千葉県印旛郡の「栄町」が、横浜市よりも千葉県東金市の「関内」が検索結果に出てくるのは検索妨害以外の何物でもないのだが、あの結果で的確だと満足するユーザーはどれほどいるのだろうか。

広告を非表示にする