はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

秋葉原の梅もと閉店

秋葉原駅昭和通り口にある立ち食い蕎麦店の「梅もと」が閉店するという。新宿駅小田急エースにある店は駅の利用者数と店舗の広さから、おそらく世界一客数の多い蕎麦店だと思うのだが、秋葉原の梅もとは駅のキヨスク並みの広さしかない店なので、今どき客単価数百円で店舗を維持していくのは難しいのかもしれない。

代々木駅近くに代々木ゼミナールがあったころは校内に梅もとが2か所あったが、新宿駅近くに移転後は閉店してしまった。それだけではなくて、あちこちの店舗をここ数年で閉鎖しており、弁当事業を他社に売却したり事業縮小ともとれるような動きを見せている。このまま廃業でもしたら、新宿エースの50年近く営業している店はどうなるのだろうか。

立ち食いそば店は最近は300円ちょっとのものでも生麺をゆでたり店内製麺するところがほとんどであるが、梅もとの蕎麦は今どき工場でゆでたものを湯通しして出すタイプだ。麺もハッキリ言って蕎麦の味はしない、柔らかい何かとでも言ったほうがよい。カエシも出汁の味は感じない、醤油と調味料の溶けた何かだ。店員の雰囲気も含めて、昔の立ち食いそば店がそのまま残ったような場だ。そういったところも今の人たちから嫌がられるのかもしれない。だが、その麺や店内の雰囲気含め、無性に行きたくなるものがあるのも確かだった。

秋葉原の梅もとの売れ筋は醤油ラーメンだったようだ。周辺がこだわりのスープで単価の高いラーメンを出すようになったので、ふつうの醤油ラーメンで安く食べられる店が梅もと程度しか残っていなかったという事情である。これも梅もと閉店でさらに店が減る。周辺の再開発や不動産バブルの影響が波及しているのかもしれない。

広告を非表示にする