読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

タブレットの周辺機器

windowsタブレットにOTGケーブルでマウスを付けたりUSB機器をつないだり、タブレットスタンドで立つようにしたり、 Bluetoothキーボードをつけたり、徐々に付属品が増えている。さながら単なるタブレットからラップトップPCか、はたまた小型の一体型PCのようだ。

外出時に持ち運ぶ物品の点数も増えている。他にもスマートフォンwifiルーターがあることを考えると、タブレット単体だけで良いと思うのだ。ただ、 それでは電源喪失時に困るのでUSBの充電ケーブルがつき、音楽聴取用にイヤフォンがつき、支持用にスタンドがつき、マウスがつき、 キーボードがつく方向へと次第に装備が増えている。

電源ケーブルスマートフォンルーターも兼用なので、あったほうが助かるだろう。タブレット利用のときはコンテンツの受け手の側の立場の場合が多 いから、イヤフォンもあったほうがよい。それ以外はあってもなくてもよさそうだ。重さはそれだけ合計しても、実はレッツノートRZ4の本体重量にも満たない。 RZ4を持ち運ぶ場合でもUSBケーブルは必要になるし、RZ4専用の電源ケーブルも必要になるので体積としても余計かさばる。

ただ、総合するとRZ4を持ち歩いたほうが楽なのである。RZ4はクラムシェル筐体を開いて電源入れて使えるが、 タブレットで同じことをしようとするといちいち物品を出してUSBなりBluetoothなりで接続する必要がある。 快適に使えるようになるまでの時間はRZ4のほうが短い。もちろん、USBはコネクタが限られているのでRZ4と違って工夫しなけれ ば各種USB機器を利用できない。

また、周辺機器でかためたタブレットとRZ4では重量やコンパクトさでは一見タブレットのほうが軽量でコンパクトに見えるのだが、 現実はRZ4が優れている。例えば、タブレットをスタンドで立てかけてキーボードを使う利用形態とRZ4を広げて使う形態では、RZ4のほうが場所を選ばない。 タブレットはスタンドの足の部分とキーボードの奥行き分の長さのあるスペースを要するが、広げたRZ4はそれよりも奥行きが短いし、 膝の上だろうが安定して使える。横方向もマウスを繋ぐタブレットのほうがスペースを要する。

よく見かける、Ultrabookが高価なのでタブレットに周辺機器で武装して使うという利用形態に関しては懐疑的である。 スペックも若干処理にもたつくことがあり、ネット閲覧でたくさんのタブを開くには適していない。ラップトップ的な使い方をしたいなら、 ラップトップPCを購入すべきだろう。

一方で、タブレットならではの利点がある。立って片手で支持しても疲れない重さであるし、持ち運びしやすい。また、 充電がUSBなのでモバイルバッテリーを持っていけば電源確保できない状況でもUltrabookを超える時間で利用可能だ。 先日もコンセントが使えない場所で半日近く拘束されて作業する羽目になったが、RZ4でもそこまでバッテリーは持続しないわけで、 タブレットとモバイルバッテリーがあればこそしのげた。こういった場だとUSB接続の周辺機器は強みを発揮するだろう。

レッツノートも既にRZ4の世代は終わってRZ6の世代になっている。RZ4の頃もそうだが、価格が高価な分だけ対抗馬としてキーボードケースをつけたタブレ ットなどが浮かぶだろう。だが、2in1のPCのタブレット形態が重くて実用性に欠くように、タブレットのPC風利用も実用性に欠くのである。

広告を非表示にする