はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

SDHCカード調達

SSD搭載のPCが登場したころの信頼性の低さから、PCのSSD寿命対策とデータの容易なバックアップのためにSDHCカードを常時挿入して、そちらにドキュメントを保存するようにしている。レッツノートRZ4に関してはその方式であるし、元々ストレージ容量が少ないwindowsタブレットでもそうしている。タブレットもPCも所詮は容量がたかが知れているので、定期的にデータを大容量のHDDに移したり、そのついでにSDカードを外して定期的に内容のバックアップや同期をとっている。

windowsタブレットはUSBケーブルで充電や機材の接続ができるのに、そのケーブル経由でPCとのデータやりとりができない。位置づけが「Master」であるPCの一種になる以上は仕方ないのかもしれないが、中途半端なところで携帯マシンになり切れていない。そこでファイルをやり取りするとなると、SDのほかにはクラウド利用ということになるのだが、クラウドの場合はwifiの通信量制限にかかってしまう場合がある。また、ネットを通じてやりとりしたくないファイルもある。windowsタブレットの場合はファイルのバックアップや同期を考えるとクラウドよりもSDのほうが取り回しがいい。データの中で特定の部分だけ置き換えたいときは、USBメモリも利用する。

一方、レッツノートRZ4で使用しているSDHCカードはバックアップ作業に使うPCに挿入しているので、データのやりとりというよりはHDDと同じ扱いである。その関係でSDHCには連日のように頻繁なアクセスと改変がなされている。RZ4購入後、メインPCとしてかなり頻繁に使用してきたため、いずれSDHCが寿命に達してしまうだろうし、それで失うと困るファイルを多数扱っているため、新しいものを購入した。電気街で安かったので、東芝製の日本国外の特定地域向け製品を買った。このシリーズのSDを以前にデジカメのSDの容量拡大用に買ったことがあるが、特定市場向けでも性能に問題なかったので今回も購入したのだった。

SDHCにはその他にもいくつか選択肢があった。現在使用しているものと同じもの、大容量のもの、読み書き速度が速いもの、それに性能に見合って価格が上がっていく。容量増にすると倍の容量になるので一気に価格が上がる。手軽に取り換えたいという予算面では現在と同容量のものしか選択はない。あとは読み書き速度だが、性能が優れたものは高価になるし、現在使用しているものと同等の価格帯を考えると少ない容量にダウングレードして妥協する必要が生じる。そんな中で今回購入した東芝製のSDHCはそこそこの読み込み速度と価格面でも現在使用品より若干高価なだけという面が魅力的だった。SDHCを購入して、ついでに100円ショップでUSB接続のマルチメディアリーダーを購入した。これがあればSD同士でデータを移行できる。

帰宅後、早速導入作業を行った。データの転送は1時間ちょっとで終わり、新しい環境で早速使い始めている。近頃は出かけるたびに写真を撮影しまくっており、保存するファイルが出かけるたびに1GB単位で増えていく。それだけの写真を保持していても滅多にそれらを参照することはないので、今後は大半をバックアップ先のHDDのみでの保存としてもよいかもしれない。

広告を非表示にする