読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

USBケーブル原因のスマホ動作不良

スマートフォンwindowsタブレットwifiルーターも全てUSBで充電できるのは便利である。複数電源ケーブルを持ち運ばなくて済むし、 様々なケーブルの中から利用形式に適したものを選べる。

現在windowsタブレットと一緒に持ち運んでいるUSBケーブルはコードリールでケーブルを巻き取れるものと、 電源プラグのほうもUSBケーブルを2本接続できる仕様のものを使っている。この巻取り式USBケーブルを使っていると、 スマートフォンの充電時にトラブルがよく起こる。

例えば、タッチパネルの反応が悪くなって画面スクロールがぎこちなくなり、タップも鈍くなって画面を触っているだけで思わぬところをタップ したことになってブラウザやアプリで別のページが開いてしまったり、全く充電されていない状態になったり、本体が異様に加熱するといったことが頻発する。

ルーターを充電しているときにも本体の異常な加熱と動作不良を疑う接続途絶が見られた。どうも、電子機器を電源を入れた状態で使用しているときにケーブルを接続 して充電すると、動作不良が起こるようだ。

このトラブルはケーブルを変えると解決する。要するに、普通に付属している巻取り式でも何でもないケーブルではこの現象 は起こらないので、明らかに巻取り式のケーブルに問題がある。

一方で、同じケーブルを使っていてもトラブルなくすんなりと充電して使えてしまうこともあり、2つの事例を比較してみるとどうでもよい細かい使い方がトラブル の元になっているようだ。原因は正直よくわからない。ただ、よくある同種の製品の中でも欲張って充電のほか端末接続して通信する用途にも使えるものを選んでいる。 細いケーブルに機能が集積している状態であるし、どこかが断線しやすいのかもしれなし、ケーブルが防磁できなくてノイズが生じるのかもしれない。

巻取り式のケーブルはコンパクトさから採用している。ただ、普通の付属ケーブルだって針金で束ねればそれほど体積に違いはない。いっそのこと、 普通のケーブルに回帰しようかと検討中である。

広告を非表示にする