はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

タブレットへのBluetooth機器による武装

windowsタブレットのためにBluetoothキーボードを購入し、入力に使用している。安い製品であるし、 性能相応といえばそれまでの入力漏れによるタイプミスや接続不良があるが、概ね利用できている。

特に、スマートフォンのエディタで文字入力できるようになったのが有り難い。いちいちタブレットを起動しなくてもブログ用の入力程度なら使え るので、長文入力も苦にならなくなり、範囲選択して編集もしやすくなり、スマートフォンへのPCからの権限移譲が進んでいる。 PCもないのにキーボードでがっつりと入力している姿は、傍から見ればさながら一時期騒がれた「貧困JK」のようである。

実は、このキーボードが私が初めて使うBluetoothバイスである。もちろん、スマートフォンルーターとPCとの接続でも利用できたのだが、 これまで使ったことがなかった。従来のケーブルや無線LANで接続すればよかったからだ。現在使用しているPCはBluetoothは標準搭載であるから、 他のBluetoothバイスの利用を検討するのも悪くないかもしれない。

例えば、Bluetooth接続のマウスである。現在、タブレット用に小型の有線マウスを持ち運んでいる。サイズはカード半分ほどの大きさのものだ。 これを同程度のサイズの無線マウスに置き換えれば、ケーブルの分だけ更にコンパクトになる。これまで、無線マウスの利用は控えてきた。価格も高いし、 電池切れしたら不便である。有線マウスでもコンパクトなものはあるし、それを使えば電池の心配はいらない。

ただ、Bluetoothキーボードを使っていると、案外電池はもつ。また、マウスを無線化すればタブレットではUSBコネクタが空く。 わざわざUSBハブをごてごてと付けなくても、OTGケーブルにUSBメモリを接続したり、充電しながら使ったり、自由度が増す。今のところ、 そこまでタブレットを使い込んでいないので、過剰投資であるように感じる。そして、レッツノートという切り札もある。だから、 タブレットをメインに据える必要がない。

windowsタブレットにキーボードにマウスにディスプレイにUSBハブと、あれこれ接続してデスクトップPCのように使用しているユーザー のレビューがたまにある。ユーザーのそこまでのこだわりや、それに応えるように動作するPCには感心してしまうが、私は当面その方式はとらない。それこそ、 既存のPCの位置づけが大きく変わったり、PC市場が衰退するなどしてタブレットしか入手できなくなるようなことになったら、導入を検討し始めるだろう。

広告を非表示にする