はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

実用に耐えるようになったandroid

現在のスマートフォンを使い出す前は古いandroidタブレットを所有していた。2011年の製品である。データのやり取り手段はwifiか、USB接続しかない。これはよいのだが、コンピューターとしての性能が低いのでアプリの動作が遅いし、OSのサポートが終わってから使えるアプリが減ってきた。それ以外にもOS自体のトラブルもあった。設定していたGoogleアカウントが消えてしまって設定をし直す必要が出てきたり、それで必要情報を入力しても認証が進まずに使えなかったり、普段の用途以外の端末を維持していくというそれ自体の負担が重かった。

それでもテキストエディタやメールは使える。今もwindowsタブレットで似たようなことをしているが、この当時も同じことに挑戦していた。画面上でブラインドタッチもどきのこともしていたが、続かなかった。通信環境が時々途絶するので、保存したはずの内容が失われていたり、たかだか下書きとしてGmailに保存するだけでも失敗したり、この上なく使いにくかった。Office系はプリインストールされたアプリがあるので開けるのだが、表示形式には制約があって、要するにベタなテキストファイル的な文書ファイルくらいしか開けなかった。結局、アプリに加えて端末それ自体の不便さが多くて使用を断念してしまった。

今のスマートフォンandroidである。古いOSの端末の使えなさを見ると、導入はかなり躊躇した。だが、様々なレビューを見て問題なさそうだと思い導入した。iOS系にはファイル操作がらみの自由さが無かったが、androidは自由度が高いのでandroidを導入したかったという理由もあった。流石に端末の性能が上がってOSのバージョンを重ねると、使いやすくなっていたし、iOS並みに対応アプリも増えていて不便はなかった。

今のスマホはまだ導入して2年ちょっとだが、発売年自体はもう少し前なのでかなり過去の機種ではある。それで、次買い替えるときは何にするかを少しずつ検討し始めている。androidクラウド仕様であるからアプリやGoogleの設定などは次の端末に共有できそうだが、それでも使い慣れとかクラウドで共有していないデータをPC経由で移行するなど細かな作業が多くなるだろう。当面は現在の機種を使い続ける予定だが、今販売されている機種と比べるとエントリーレベルのスペックであり、時々動作が遅いと感じることも増えている。エントリーから中間クラスだと性能がさして変わらないから、余程の機種トラブルがない限り導入の動機にはなりにくいし、常位機種だと高価でPCや他の物にお金を使ったほうがよいと感じる。

広告を非表示にする