はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windows10の今後のアップデートに思う

windows10が登場して以来、大型アップデートが2回あった。昨年のanniversary updateと今年のcreators updateだ。昨年のアップデートの直前にちょうどwindowsタブレットを購入しており、アップデートの要求スペックがメモリ2GB以上となっていて安価なメモリ1GBモデルを選択しなくてよかったと安心していたのだが、先日creators updateのシステム要件を見てみるとメモリ1GB以上に戻っていた。だから安価なwindowsタブレットも当面は使い続けられそうである。メモリやストレージ容量が足りないが、32bitのOSならばリソース消費もたかがしれているわけで案外使えるからこそ売られ続けているのだろうし。

こういった機種と自分のタブレットを比較してみるとサイズや重量の面で大きく重いので、もしかしたら安価な7インチくらいのタブレットにしておいたほうがもっと快適に使えたかもしれないと時々思うが、現在の8インチタブレットのバッテリ持続時間や画面解像度がちょうど良いこと、音楽再生などすると若干もたつくこと、現行の7インチサイズのwindowsタブレットの評判はいまひとつなことを考えると、8インチの選択は悪くなかったようだ。

タブレットスマートフォンを使うようになるとメインのPCを使う頻度は減るが、そのメインのPCのほうはゲーム用のスペックの高いPCが安価なものが出ているので購入を迷っている。10万円もあれば、携帯性は劣るがレッツノートRZ4よりはメモリもストレージもCPU性能も格段に高いものが購入できてしまう。こんなものの購入は簡単だ。購入するをクリックして入金してしまえば届く。その一方で、使う時間がほとんど無いことに気付く。今の日程ではゲームに使える時間はほとんどない。もちろん、ゲーム以外の動画編集などの用途でも性能が高いPCは活躍できる。だが、その用途でPCを使うことも今のところ予定がない。現在のスペックのPCでできるものにとどめて楽しんだほうがよさそうである。今の性能でもできることは多数ある。

RZ4もタブレットも、スペックが現行のPCとしては低い部類にある。windows10はこの秋にも大型アップデートを控えているという。windowsは10以降のバージョンは出さずにアップデートという形でOSのリニューアルを続けていく。いつまで今使っている機種がアップデート対象になるのか、PCの物理的な寿命とは関係ないところでMSの匙加減で機種の使用終了の時期が決められることについて受け入れて、アップデート対象から外されたときに機種の使用を中止して新しい機種を導入することに納得がいくか。今、iPhone4sをアップデート対象から外れたのに廃棄が勿体なくて持ち続けているのだが、これと同じような日がPCにもやってくる。windows7時代のPCは5年近く使ってwindows10アップグレードも可能だったので、今のRZ4やタブレットも多分それくらいは使えるとは思うのだが、どうにも先が読めない。

広告を非表示にする