はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsのソフトウェア的なタッチパッド

windowsタブレットを使っていて、ふと気づいた機能がある。タスクバーを右クリック(実際はタブレットなので長押し)すると、表示する項目を選択できるが、そのなかにスクリーンキーボードのほかにタッチパッドを表示できるようになっている。これを選択すると、キーボードをディスプレイに表示するように、ノートPCのパームレスト部分についているようなタッチパッドのウインドウが開いて、ソフトウェア的にタッチパッドを使えるようになる。

問題は、たかだかタブレットの画面上に表示されるタッチパッドなので、画面の中にタッチパッドのウインドウが占める割合が大きく、何をするにも邪魔になる。タブレット画面ならばそのまま各所をタップすればよい話であり、わざわざタッチパッドを表示する必要はない。一見無意味で不便に見える機能であるし、周辺機器を接続すれば同等の機能を果たせる。

しかし、指ではクリックしきれない細かい項目を扱うときにはこの方式のほうが便利と感じるし、端末によっては画面の隅のほうが反応しにくいことがあり、ソフトウェア的に不便さを解消できる。もちろん、周辺機器をいちいち接続しなくてもとっさに起動するだけで同等の機能が使えてしまうのだから、下手なスマートフォンタブレットよりもきめ細かな操作を画面上で実現しているともいえる。

元々タブレット的に使うには不便なwindows。かといって、タブレット的に使うのに適したwindowsアプリは半端なものが多くて、結局普通のソフトを使ってしまうというのが現状である。だからタブレット的にタップしにくくて使いにくいが、かろうじて使えるし、ソフトウェアキーボードでのショートカットキーやタッチパッドなど、そのあたりの不便な面も救済しようという意欲があって助かる。

広告を非表示にする