はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

Gmailって永久に無料なの?

GoogleGmailの本文内容解析を取りやめる方針なのだという。このニュースを知って、かねてから疑問に思っていたことが再度頭をよぎる。すなわち、 Gmailはいつまで無料なのかということだ。

無料で使わせるからには何かの条件がある。Google営利企業であるから、無条件で無償でサービス提供をする義務はどこにもない。 その条件が本文内容を解析することでユーザーの嗜好にあった広告を表示することにあった。

別にそれはプライバシー侵害でもなんでもなく、そのへんの企業のポイントカードでも行われていることだ。ただ、 GoogleGmailのほかにも検索エンジンYouTubeも手がけていて、それらから個々の好みをより詳細に分析することで広告主の商機に つながるような的確な広告出稿を提供している。

勿論、それを嫌がるユーザーもいる。そこで、Googleは法人向けに内容解析をしない有料のメールサービスを提供して、 Gmailの高機能を自社の社用メールとして使えるようにした。Gmailが一般のメールサービスで内容解析をやめるのであれば 、それは元々提供していた有料版と何ら変わらないものになる。そして、それは有料版で費用負担しているユーザーとの間に不公平が生じる。

更には、GoogleGoogle Playのアプリ決済の方法をここ数年で充実させてきた。クレジットカードだけからプリペイドカードをいつの間にか流通さ せている。しかも、Googleはアプリマーケットで有料アプリがどれくらいの価格の課金ならば売れるかなどのデータを握っている。だから、 一般的なユーザーが負担を感じない程度の額で有料化に踏み切れるだろう。

勿論、有料化されたら他の無料メールに乗り換えるというのもひとつの方法だろうが、Androidスマートフォンでデフォルトで搭載されているGmail、 PCでも使えるGmailの万能さと便利さに慣れているユーザーは今更乗り換えできないだろう。しかも使用した分だけメールボックスには蓄積があるし、 送信済みメールは別のアドレスにでもいちいち再送信しなければ、乗り換えで記録を失ってしまう。

Gmailがいつまで無料なのかを決めるのはGoogle次第であるが、Googleには有料化してもユーザー離れは軽微で事業を広告事 業並に収益化できるという勝算くらい持っていそうだ。

広告を非表示にする