はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsアップデート後の設定変更

現行のPCを使うようになって2年近く経過している。元々がwindows8.1モデルだったものに購入直後にwindows10を導入し、初めからwindows10で使っているに等しい。

その間、windowsは定期的に大型アップデートを繰り返し、2017年秋のアップデートも無事導入が終わった。最近になって購入したwindowsタブレットは端末のSSDの残容量が少ないために一向にアップデートできず、それより古いPCのほうが一足先に最新環境となったのだった。

アップデートされるとwindowsの設定もリセットしてしまうようで、デスクトップ上のアイコンの配列から使用するソフトの指定から何からリセットしてしまい、一から設定しなおす羽目になった。一番困ったのが日本語IMEが知らない間に使用解除されていたことだ。IMEが使えなくなって単なる英語OS機になってしまったので、設定から日本語を第二言語として設定しIMEを導入した。

IMEはアップデートに伴って変換精度が向上すると思いきや、その逆で使いにくい。かえってandroidIMEのほうが的確に変換してくれる。そして、IMEの精度が悪いと困るのが、こういった文章をエディタなどで入力しているときに変換が誤変換の連続で何回も入力をし直して作業効率が著しく低下すること、何度も頻繁に使う単語で何度も同じ変換ミスが起こるようになっていて、そのために毎回入力しなおす羽目になり入力時間が作業効率のボトルネックになってしまっている。

ブログの更新などタブレットでも使ってすればいいのだろうが、新しく購入した中華タブレットのタッチパネルのレスポンスが今一つであることと、IMEの変換効率が悪いことから入力がおっくうになったという面は大きい。メインで使用しているPCにはGoogle日本語入力を導入したはずだったのだが、いつの間にかクラウドの共有設定でタブレットの設定が継承されたのか消えてしまった。

そもそも、クラウドの設定で自分のアカウントからシステムの設定情報が継承されるはずなのに、一切それがなくて自分で設定する羽目になったというのも納得がいかない。