はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

公道カートがホント邪魔

テレビゲームのキャラクターの格好をしてゴーカートで公道を走行する観光客向けの公道カートの業者が問題視されている。

今のところ、問題視されているのは自動車側の理屈である。カートにシートベルトがついていないことで衝突時や急ブレーキ時に運転者が路上に放り出される危険性や、むき出しのタイヤに周囲を通行する自動車などが巻き込まれる事故を防止すると称して、カートを狙い撃ちにしたように法規制をしようとしている。それを言い出したら制限速度が同じくらいのスクーターもシートベルトが無いわけだが、今のところはカートのみが規制の対象のようである。

問題は、彼らが走行する道路周辺の歩行者などの理屈が盛り込まれていないことである。道路を自分たちが盛り上がるための歓楽街だと思って大騒ぎしたり、運転中にスマホの自撮り棒で撮影をしている外国人までいる。その騒音は路上の歩行者に嫌でも聞こえてくるし、商店を経営していたり自宅が道路に近いと騒音被害が生じる。もちろん、事故でも引き起こされた日には巻き込まれるかもしれない。業者は対人対物は無制限の保険に入っているというが、事故に巻き込まれないのが一番である。

カートの特性に注目した法規制だけではなく、もっと踏み込んだ規制をしてほしいと思う。屋外広告では到底掲載できない業種がトレーラーに広告を掲示して音楽を大音量で流して走り回っている。あれは、広告ではなく車両の塗装だという言い分で成立しているからだ。ゲームのキャラクターの格好をするゴーカートも法規制をかいくぐって成立している。観光立国やインバウンドを主張する業者の収益のために、一般公道の安全を脅かす行為が放置されている。そして、儲かれば何をしてもよいとでも言わんばかりの狩場に使われている。