はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsアップグレードの失敗とPC簡素化

windowsの大型アップデートがこの秋もやってきた。私のPCの場合はメインで使用しているPCよりもサブの値段の安いwindowsタブレットのほうに一足先にアップデート告知が来た。ところが、毎回失敗する。

一つは空き容量が不足である。ディスククリーンアップを利用したが、十分にはディスクが空かない。そもそも使い始めて1か月程度しか経っていないので、使用時間で累積して生じる問題ではない根本的なものが原因なのである。何が原因かと精査してみると、一部のソフトが思ったよりも大容量ということに気づいた。それで、それらを削除した。例えば、Adobe acrobat DCは機能が多い反面たかだかPDFファイルしか閲覧しないようなソフトに300MB近くの容量を占拠している。また、windowsが標準でインストールした一部のゲームアプリが結構な容量あった。これらを削除していったところ2GBは空き容量が確保でき、何とかアップグレード可能になった。

ところが、アップグレードのインストール途中でエラーが出て、タブレットの電源が落ちてしまった。電源を入れるとwindowsが起動してアップグレード以前の過去の内容へとシステム修復が始まり、再び電源が落ちた。文鎮化も覚悟したのだが、結局何回か起動と勝手にシャットダウンを繰り返して、ようやくアップグレード前の状態に復元されたOSが起動した。システム構成的には昨年の標準的なAtomタブレットのレベルのスペックであり、アップグレードできない要因が何かははっきりしない。元に戻ったOSは再度MSによる自動アップグレードのメニューを起動してファイルDLを開始しては失敗して中断を繰り返している。はっきりいって無駄な動作なので何とか起動を止めたいものである。

今回のアップグレード準備後にかなりPCがすっきりしたことを受けて、思い切ってタブレットで使用するソフトの構成を見直すことにした。どうしてもPCと同じwindowsが使えることもあって各種ソフトを入れてしまいがちであるが、そこまで踏み込んであれもこれもソフトを使わないことが多い。よくてテキストエディタとブラウザ程度であり、スマートフォンのアプリで事足りることはタブレットでする必要がない。これまでタブレット携行時に使った実績のあるソフトは極力残す方針にして、それ以外はいつか使うかもしれないが思い切って削除することにした。Office mobileは容量も大したことないので存続、web制作系はテキストエディタのみ。画像処理や映像処理は削除、windowsストアアプリは全く使わないのですべて削除。こうして構成がシンプルになった。