はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windows8.1のありがたい機能

今、windows8.1とwindows10のatom搭載タブレットをそれぞれ1台ずつ保有している状態である。タッチパネルの反応が良いのでwindows8.1のほうを優先して使っている。

もともとはwindows10の環境で使い慣れてきたので、正直ダウングレードしたような劣等感と、未経験で独特のスタートメニューとデスクトップが分離したことによるwindows8.1の環境へなかなか慣れないので使いにくいと感じることは時々ある。特に、画面の隅をタップしたつもりがサイドメニューを起動してしまい肝心の操作ができず、何回試行しても上手くいかないのでいら立つこともある。

その反面、タブレットでメインで行う作業がテキストエディタでブログの内容編集のため、windows8.1だと便利だと思う面がある。それが、ソフトウェアキーボードとソフトウェアの適切な関係だ。画面一杯にメモ帳やそのほかのエディタを広げる。そこに下半分はソフトウェアキーボードを表示する。非常に助かるのが、編集しているテキストを画面フル表示したときに完全に下の方まで編集できる点である。

テキストエディタやOfficeソフトなどでwindows10で文書編集をしようと思った場合、文書を画面でフル表示にしたときにソフトウェアキーボードで隠れる部分が出てきてしまう。そのために、隠れた部分を編集するにはウインドウをうまくタップしてサイズ調節して画面の下半分を占有するキーボードを避けるように調節する必要がある。

この点、windows8.1の時はメモ帳ならばテキストがキーボードを避けて最後まで表示してくれるし、その他の一般のwindows用のエディタでもウインドウのサイズが自動で調節されて、やはりテキストの最後までスクロールして編集できるようになる。

windows10はwindows8.1の不完全な部分を改善して、よりタッチパネルで使いやすいOSになったのだと思っていたが、実はタッチパネルで使おうと思ったらwindows8.1のほうが便利なのではないかと感じ始めている。あの独特のスタートメニューも頻用するソフトやフォルダを登録しておくと、下手なデスクトップの整理よりも使いやすいのだから尚更そう感じる。