はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

タブレットのタイプミスの実際

当ブログで事あるごとに書いている、windowsタブレット単体で文章入力するときのタイプミスが実際どの程度ひどいのか、実際に比較してみた。

【本来入力したかった文】 windowsタブレットタイプミスがどんなものか、実際の入力を比較してみれば一目瞭然だろうと思い、それぞれの端末で作成した文章である。一つは、タイプの抜け、もうひとつはタップ時の位置の微妙なずれによるタイプミス

【windows10タブレットwindowsたぶれとのたいぴみすがどんなものか、じっさいのぬうろくを比較してレア位置も苦労zンjだろうお思い、それぞれのたんまうでさくせsたうんほうである。ひおつあ、ちあぷのぬけ、もうひとうあタップ時のいちのびみょうなずれにypるあいぷみす。

windows8.1タブレットwindowsタブレットタイプミスがどんなものか、実際の入力を比較してみれば一目瞭然だろうと思い、それぞれの端末せ作成した文章である。一つは、タイプの抜け、もうひとつはタップ時の位置の微妙なずれによるタイプミス

【まとめ】 当たり前だが、普通ならタイプミスした部分は入力し直して正しい文章にしていく。だから、昨年ドスパラで8インチwindows10タブレットを初めて購入して以来タブレットで入力したエントリはいくつもあるが、今回のデモのような文章はアップロードしていない。しかし、表に出ない入力段階の現場では上記のようなタイプミスが頻発し、いちいちタイプした内容を消して入力し直しを繰り返し、入力に本来の何倍もの時間がかかるという非効率さが更新の影に絶えずつきまとっていた。

ドスパラタブレットがそんな感じで、タイプ方法を工夫しても入力し直すことが多かった。その故障後に購入したwindows10の中華タブレットは上のデモの通りであり、一層使い物にならなかった。あまりにひどい中で偶々購入したwindows8.1のタブレットはすこぶる快適に入力でき、そのタッチパネルの素晴らしさはデモの通りである。比較してみると購入時の印象通りに入力効率では8.1タブレットが優れていた。タイプミスもほとんんどなく、入力中に修正を少しすれば十分なほどしっかり入力できる。

windows10のタブレットは大型アップデート後にタッチパネルのレスポンスが改善したと思ったが、実際に使ってみるとやはり感度の悪さが目についた。特に「きって(kitte)」のような促音入力で同じ文字を連続タップする動作や、子音入力の時にいずれかのタイプが抜ける。

以前使用していたドスパラの8インチタブレットもここまでひどくないが、やはりタイプミスは多く、子音入力時のタイプのヌケが多かった。ソフトウェアキーボードのボタンが小さい為も考えられるが、それだけでも無いようで、現在のタブレットは英語入力だとそれほどミスも生じない印象であり、IMEで変換候補を表示しなければならない状況で動作が遅いあたり、タッチパネル本来の性能による個体の抱える問題というよりは、入力にマシンパワーが追いついていないのかもしれない。当然、Bluetoothキーボードを使っても変換のレスポンスは悪いので使えない事実は変わらない。

タブレット単体なら軽量で使う価値もあるが、常にキーボードとセットで使う的な前提の物ならば、最初から小型ノートPCにして欲しいと思う。

広告を非表示にする