はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

危険への心的抵抗

愛知県のネットカフェで誰でも相手は良かったという身勝手な理由で、居合わせた客が殺されてしまう事件が起こった。

ドヤ、カプセルホテルのような簡易宿所は、以前は粗暴な者が集まるガラの悪い場所というイメージが強かった 。今は、外国人が宿泊するなどとしきりにマスコミに報じさせて、ガラの悪い雰囲気を払拭しようと必死である。だが、 あくまで雰囲気だけ明るくなっても、実態は相変わらずだ。

本来一時的に滞在する場所の筈なのに随所に生活者の気配が見られたり、ネットカフェに至っては宿泊施設ではないのに、 宿泊利用や生活の場としてのネット体験記や報道ばかりされている。要は、根本は何ら変化していない。

粗暴な言動しか取れない者、すぐ犯罪に手を染めるような者、精神的に問題を抱えている者は今の時代にも存在する。彼らは、 その性質故に生活に必要な固定費を継続して支払うことができない。そうすると、手っ取り早くその日暮らしする場として、簡易宿所やネットカフェに居留まる。 一般人のそういった場への精神的抵抗が下がろうがお構いなしに、昔ながらの連中はそこに居続ける。

昔から、そういった場では問題ある者同士の揉め事はあったし、世間のルールから外れて生きている者を統制する為に暴力団や客層 相応のガラの悪い店員が介入してきた。世間は労務者や浮浪者のいさかいで扱って一蹴してきた。それが今は、 そういった者と一般人が同じ場に居るようになったものだから、少しことが起こるとあたかも大事件として騒がれるに過ぎない。

今後も場を同じくする限り、理解不能な理由で一般人が巻き込まれて犠牲になる事件は増えるだろう。そして、 そういった場を利用する事の怖さを利用者は理解することだ。