はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

windowsタブレットの利便性

windowsタブレットを一頃はよく持ち運んだものだが、近頃はめっきり使用していない。以前は移動中にタブレットを横画面表示にして、スクリーンキーボードでブラインドタッチに近い入力を行い、PCの持ち運びよりは快適だと思ったものだが、持ち運んでまですることがそれほどないことに気付いて、無しで過ごすようになってからそのスタイルに慣れてしまった。

windowsタブレットを持ち運ぶのは、スマートフォンの写真整理やテキストエディタの使用、web利用である。これらの多くの用途がスマートフォンで賄えるし、わざわざ外出先ですることでも無い。そもそも外出中は、そちらの用事がメインになるのでPC操作は後回しとなり、結局帰宅後に作業すればよいということになってしまう。そうすると、外出中にPCを携行する行為はたとえそれがタブレットでPCに比べればはるかに小型軽量だとしても、余計な重量物を日程期間中に持ち運ぶと同義であり、荷物の中の場所も塞ぐことになる。

タブレットの持ち運びが減って、自然と使用頻度自体が減ってしまった。そうすると、windowsのアップデートが全くできていない状態になる。最近、wifiルーターの電波を5GHzで使用している。2.4GHzだと周囲と干渉しまくってまったく電波を拾わないからだ。そうすると、技適の関係で2.4GHz帯の電波しか使えない安価なwindowsタブレットはネット接続できなくなってしまう。こうして、起動回数が減り、アップデート頻度も減った中途半端な状態で時々起動される状態となる。

当然、windows10の大型アップデートは空き容量も無いので実施できていない。空き容量の確保と時間のかかるインストール、その後予想される各種トラブルへの対応を考えると、アップデートする気にもなれない。

また、windowsタブレットはUSBコネクタが少ない分、周辺機器は無しでやっていくか工夫するしかない。Bluetooth機器に一縷の望みをつないでみたものの、結局キーボードとマウスは電波干渉して同時に使えなかった。ここにイヤホンは当然さらに干渉する上にwifiとも干渉するだろう。結局、windowsタブレットタブレット単体の使用が基本スタイルに戻った。そんな半端な状態のタブレットが2台ある。