はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

Microsoft Officeの格安品が怪しい

タブレットのwindows10アップデートの話が最近多かったが、その陰で忘れていたものがあった。 それはOfficeのアップグレードである。

パッケージ版のOffice2010を使い続けていたが、そろそろサポート期間が終了する。私物を使い続ける分には問題ないが、どうしてもofficeで作成したファイルは複数の人たちとやり取りする必要があるため、セキュリティ上自分だけ旧体制というわけにはいかず買い替えなければならない。

WORD、EXCELPowerPointの3つがあれば大抵解決するので、36000円くらいの永続パッケージを購入して、メインとサブ機で使えばよいのでさっさと購入しようと思う。

Amazonを見ていると、これらのOfficeのダウンロードキー販売がかなり安値でされている。Amazonに出店するタイプの出品者が支払するとメールでキーを送ってきて、Microsoftのサーバーからソフトをダウンロードしてプロダクトキーを入力すると使えるようになるというものである。 問題は、それが正規品かどうかである。

まさかAmazon海賊版のソフトウェアを販売するとは思えないが、大手も零細も代理店としては同じようなポジションだろうし、価格設定で個人店のほうが有利になる要素は無いと思うのだが、個人経営っぽい販売者が大手業者よりも1/3近い安値でOfficeを販売できる仕組みがどうもよくわからない。 それなのに、Officeのプロダクトキーが10000円を切る価格で販売されている。

一部では入力したキーとソフトウェアの表示が一致せずおかしいという指摘もされており、やはり個人店舗を偽装した組織が大元にいて不正に解除するキーを販売している可能性は否定できない。