はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

wifiスポット利用を改めて見直す

電車や公共施設の中でも無料wifiが使える場所が増えている。メールアドレス登録やtwitterで簡単に使える。

windowsタブレットを使っていると、wifiがないとつらい状況が多い。PCとして独立して使う用途よりはスマートフォンではしづらい操作のためにブラウザをひらくことが多い。タブレットを持ち運ぶ状況では大抵wifiルーターも持っていくが、バッテリーが切れたり充電している状況もある。

そういった状況でも無料wifiがあれば予備としてネットワーク接続が使えるので、その間はスマートフォンルーターを充電しておける。ルーターがあっても、屋内で電波が弱いところがあり使い物にならないことはざらにある。そういった場合でも使えるwifiの手段が一つでも多いと心強い。

無料wifiは速度はいまひとつだったり、一時間おきに切れてログインになるなど癖が強いが短時間の地図やメールチェック程度には丁度良い。電車の中でスマートフォンで動画試聴している人たちは小さな画面と貧弱なスピーカーで何が楽しいのかよくわからないが、そういった大容量のファイルの読み込みは難しいと思うが、ちょっと作成したファイルのメール添付や送信なら問題なくできる。

8インチのwindowsタブレットなど使用している者は周囲にいない。androidタブレットユーザーもいない。iPadはいるが、大抵sim契約をしているのだろう。スマートフォンパケット通信が主流の中でテザリングもある。もしかしたらwifiに依存するユーザーは少数派かもしれない。

それこそあちこちで整備が進んでいる割にはパケット利用が普及しすぎて、外国人観光客くらいしか今どきは需要がなくなっているのかもしれないが、いくつか通信手段があると心強いし実際役に立つ。