はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

新型コロナウイルス感染拡大の元凶

コロナウイルス感染を避けて騒動の初期に感染例のない八丈島民泊をする行為が見られた。それが、都市部の外出自粛に伴って発生の無い島根県などの地方にも拡大してるようだ。

正直、その行為が自らウイルスを運搬して滞在先で感染を拡大しかねないし、感染したときに都市部よりも検査体制が不十分で医療機関の設置自体が手薄な地方で、検査も受診も十分にできないリスクがあったり、元々地域住民の人口に合わせて整備されている医療機関の資源を地域住民では無く、無駄な移動で病気を運んできた者に割り振ることへの問題もある。

例えば、八丈島は町立八丈病院と開業医の2件しか医療機関が無い。そこも設備は簡素で高度な処置は本土に移送しなければならないが、コロナウイルス感染症を密閉容器のような飛行機やヘリコプターで搬送するわけにも行かず、重症化したら現地で野垂れ死にがほぼ確定している。

人の命は平等だとか、医療を受ける権利があると声高に主張するのは勝手である。しかし、どれだけ権利を振りかざしても、無い物ねだりというやつで元々設備や体制の無いところで都心並みの対応を迫っても、出来ないものは出来ないとしか答えは返ってこないのである。

本当にコロナウイルス感染症が心配なら、都市部に留まったほうが医療体制は万全だし、地方にウイルスを拡散しない配慮も必要である。

そんな中、石川県の谷本知事がコロナウイルス感染騒動の中で外出自粛している都市部の住民に石川県への観光に来るように発言した。これに応じた日には行き帰りの飛行機や新幹線の他、石川県内の感染リスクが増えてしまう。また、この県知事は病識が乏しいととれる発言をしており、感染制御の裏付けが全くない中で観光を奨励しているとみられる。曰く、自分は大丈夫なのだという。何が大丈夫なのか根拠もはっきりしない。

だが、病気に対する認識が乏しい者はえてして石川県の谷本知事の様に「大丈夫」の一点張りで周囲の忠告を押し切った行動をしがちである。暇を持て余して、あちこちの店に並んだり店員を恫喝して、残りの一生で使い切れないほどのマスクを買い占めてウイルスを防いだ気になっている老人が、まさにその発想だろう。

マスクを買っても、装着してもウイルス感染は防げないのに、その行為で満足してあちこち出歩いていれば感染拡大するのは当然である。感染者数がここ数日で一気に増加した元凶は何か、もう分かっただろう。