はてなの決心高度

飛行機は初代塗装の日航DC-8が好きです。ちなみに飛行機の話題はゼロです。

ADs

リモートワークのデスク周りを再度工夫

リモートワークの机上の改良に欲が出てきた。デュアルディスプレイ体制にしたいがモニターを新規購入する気になれず、スペースも無いため、windowsタブレットを脇に置いて使うことにした。よくあるサブ機をセカンドディスプレイにするアプリとかではなく、単なる2台体制である。

資料やZOOMはPC本体で表示。頻繁に届く電子メールについては、スマートフォンをいちいちチェックしなくて良いように代表メールアドレスに全てのアカウントのメールを転送設定して、タブレットのブラウザでGmailだけ表示した。

タブレットの場所はwebカメラをくくりつけたスマホ三脚の下の位置にタブレットスタンドを置き、縦型配置にした。これでカメラ下のスペースに丁度タブレットがおさまる。手元からは奥まった位置になるため、タッチパネル操作はしづらい。そこでOTGケーブルで給電しながらマウスを接続した。手元はレッツノートタブレットの2台のマウスで少しややこしくなった。

この場合、windowsタブレットはブラウザ起動でメールだけ表示なので、ZOOMを使う必要が無い。逆に、外出先でもとっさにZOOMできる様に、携行PCには確実に動作できる端末を選ぶ必要がある。これまで外出時携帯していたのはwindows8.1タブレットだが、これは自宅用のセカンドディスプレイ用途にした。タッチパネル入力のレスポンスが悪すぎて携行は控えていたwindows10タブレットはZOOMが動作するので外出携帯用に立場交替した。

windows10タブレットは8.1タブレットと同じスペックでOSだけ最新の為か動作が遅い。正直、ZOOM以外は動作がイマイチでPCソフトでの動作確認とか文書手直しなどの用途以外は専らスマートフォンで用事を済ませる事になるだろう。

タブレット端末を配置して実際使ってみたが、Gmailタブレットで開いても返信が必要になった時に立て掛けて使いにくいタブレットよりは、キーボードもある手元のPCの側でブラウザから結局Gmailを開いて文章入力することになる。それでわざわざタブレットを使う必要が無いように思えてきた。マウスが手元に2つも紛らわしい。

結局タブレットは撤去して、机上の物品配置体制は固定した。初期状態と大差ない様に思えるが、BOSEBluetoothスピーカーをwebカメラの三脚の下に配置した。作業用BGM対策である。このスピーカーは低音が強くて音響効果バツグンだが、音量上げると騒音になって使いにくい。多分、大して再生せずに終わりそうである。